天使の羽根』(てんしのはね)はNHK銀河ドラマ」枠で1969年4月21日から5月9日まで放送された連続テレビドラマである。白黒作品。全15回。NHK大阪制作。

概要編集

「銀河ドラマ」第2作。戦後育ちの若者たちと親世代との意識や感覚のズレをコメディータッチで描いた恋愛ドラマ。

物語編集

大阪の会社社長立花喜三郎の次男雄次郎は大学中退後、27歳になっても定職に就かず、優秀な長男一雄との差は開くばかり、父の悩みの種になっていた。ある日、町で見掛けた美しい女性を忘れかねていた雄次郎が帰宅すると、家の中にその娘千佳子がいる。二人の因縁の始まりであった。

キャスト編集

スタッフ編集

参考資料編集

  • 「テレビジョンドラマ」(放送映画出版)
NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
一の糸
(1969.4.7 - 1969.4.18)
天使の羽根
(1969.4.21 - 1969.5.9)
女優 わが道
(1969.5.12 - 1969.5.30)