メインメニューを開く

牟田 悌三(むた ていぞう、1928年10月3日 - 2009年1月8日)は、日本俳優社会福祉活動家である。東京都出身。麻布高校北海道大学農学部卒業。村上事務所所属。劇団テアトル・エコーの創設メンバー。

むた ていぞう
牟田 悌三
本名 牟田 悌三
生年月日 (1928-10-03) 1928年10月3日
没年月日 (2009-01-08) 2009年1月8日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 俳優
活動期間 1950年代 - 2008年
主な作品
テレビドラマ
ケンちゃんシリーズ
3年B組金八先生
大地の子
テンプレートを表示

来歴・人物編集

テレビ放送の黎明期から、主としてホームドラマを中心に活躍。北海道大学農学部在学中にNHK札幌放送劇団に入団。恵迪寮OB。

1970年代の「ケンちゃんシリーズ」での父親役が当たり役となり、温厚な人柄が全国の視聴者の人気を集めた。

一方、『3年B組金八先生』第1シリーズでは杉田かおる演じる浅井雪乃の鬼父・正太役を演じ、話題になった。

70年代から80年代にかけての刑事ドラマでは鬼気迫る犯人役を演じることも少なくなかった。

以降はTBSラジオの番組『牟田悌三・あなたのための税金相談』のパーソナリティを務めたり世田谷区ボランティア協会で活動を行い、子ども向け電話相談のチャイルドラインの普及に尽力した。2000年度の吉川英治文化賞受賞の実績を持っている。5・4制推進論者でもある。また、ボランティア協会での活動については自らの著書『大事なことはボランティアで教わった』でも紹介されている。暖かみある独特の話し方でナレーション業も行っていた。

プライベートでも子だくさんのよき父親として知られ、家族でテレビに出演したこともある。

2009年1月8日、世田谷区深沢の自邸で入浴中に倒れて病院に緊急搬送され応急措置が執られたが23時33分、虚血性心不全で死去した[1]。80歳没。『ケンちゃんシリーズ』で親子役で共演した宮脇健は「実の父親が逝ったようだった」と牟田を偲んだ。牟田の告別式に参列した宮脇は「(棺の中の顔は)ドラマで共演している時と同じ笑顔でした。これからも見守ってください」と泣き崩れていた。

晩年は教育基本法改正反対の立場から、同趣旨の集会に参加している。またエフエム世田谷の顔的存在でもあった。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

声の出演編集

バラエティ編集

ラジオ番組編集

CM編集

脚注編集

外部リンク編集