メインメニューを開く

天見(あまみ)は、大阪府河内長野市内の一地域。河内長野市の南部に位置し、河内長野市の前身である南河内郡天見村の地域である。

天見
あまみ
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
自治体 河内長野市
旧自治体 南河内郡天見村
世帯数
414世帯
総人口
989
住民基本台帳、2014年12月)
テンプレートを表示
天見地域の地図(東側、赤色部分)

本項では、天見岩瀬清水流谷について記述する。

歴史・概要編集

あまみむら
天見村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
天見村長野町高向村三日市村加賀田村川上村→河内長野市
現在の自治体 河内長野市
廃止時点のデータ
  日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
南河内郡
総人口 2,151
(国勢調査人口、1950年10月1日)
隣接自治体 加賀田村、高向村、川上村、紀見村
天見村役場
所在地 大阪府南河内郡天見村大字天見
 表示 ウィキプロジェクト

近代以前編集

日本 > 畿内 > 河内国 > 錦部郡 > 天見村岩瀬村清水村流谷村

  • 1875年に錦部郡上岩瀬村と下岩瀬村が合併して岩瀬村となる。

近代以降編集

日本 > 大阪府 > 南河内郡 > 天見村

河内長野市制施行以降編集

地理編集

河内長野市の南部に位置し、和歌山県との県境に紀見峠がある。当地域の真ん中を天見川、岩瀬地区を岩瀬川が流れ、川沿いに集落がある。また、天見川沿いに国道371号が通っている。

当地域は河内長野市の他の地域と違い、第二次世界大戦後宅地開発事業が行われなかったため、古くからの集落が存在するのみとなっている。

山・峠編集

河川編集

交通編集

主な道路
鉄道

テレビ放送の中継局編集

当地域は生駒山送信所からの電波受信が困難なため、中継局が設置されている。

地域編集

天見編集

町村制施行以前の天見村にあたり、当地域南部の中心となっている。

かつては「出合」や「島ノ谷」などといった地名も存在したが、現在では交差点名などに残るのみになっている。

主な施設、旧跡など

岩瀬編集

読みは「いわぜ」。町村制施行以前の岩瀬村にあたり、当地域北部の中心部になっている。

主な施設、旧跡など

清水編集

町村制施行以前の清水村にあたり、国道371号沿いに集落が形成されている。

主な施設、旧跡など

流谷編集

読みは「ながれだに」。町村制施行以前の流谷村にあたり、国道371号の出合ノ辻交差点から西へ約1kmの地点に集落が存在する。

関連項目編集

参考文献編集

  • 楠原佑介『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。ISBN 4-490-10280-1
  • 町名一覧表 - 河内長野市

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 旧東住吉区からの学童集団疎開 - 大阪市学校園教職員組合城北支部
  2. ^ 一般国道371号バイパス - 大阪府
  3. ^ 一般国道371号(石仏バイパス)の供用について - 大阪府報道発表資料