メインメニューを開く

千早口駅

日本の大阪府河内長野市にある南海電気鉄道の駅

千早口駅(ちはやぐちえき)は、大阪府河内長野市にある、南海電気鉄道高野線の駅。駅番号はNK72

千早口駅
Chihayagucgi-st1.jpg
駅舎
ちはやぐち
CHIHAYAGUCHI
NK71 美加の台 (1.9km)
(1.7km) 天見 NK73
所在地 大阪府河内長野市岩瀬1343番地
駅番号 NK 72
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 33.2km(汐見橋起点)
難波から32.5km
電報略号 チハ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
256人/日
-2017年-
開業年月日 1915年大正4年)3月11日
備考 無人駅
テンプレートを表示

単線時代からの在来駅の一つである。山間にあり、駅の前後をトンネルに挟まれている。

駅名からは千早赤阪村へのルートの一つに思えるが、同村千早への公共交通はなく、道路で8km以上離れている。

歴史編集

  • 1915年大正4年)
  • 1922年(大正11年)9月6日:会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日:会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日:路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1983年(昭和58年)6月5日:当駅 - 天見駅間複線化に伴い、駅舎・ホームがリニューアル。
  • 1984年(昭和59年)3月6日:三日市町駅 - 当駅間複線化。

駅構造編集

 
プラットホーム

相対式2面2線のホームを持つ地平駅。ホーム有効長は8両。駅舎は難波方面行ホームの高野山寄りにあり、高野山方面行ホームへは地下道で連絡している。ホームの柵は青く塗られている。(同じく快速急行通過駅である天見駅紀見峠駅も、柵には特徴的な色が塗られている)

無人駅となっており、河内長野駅からの遠隔管理を受ける。当駅のポケット時刻表は河内長野駅でもらうことができる。

当駅と天見駅までの間が複線化されるまでは島式ホーム1面2線で、駅舎とは構内踏切で連絡しており、さらに難波駅寄り進行方向左手には安全側線もあった[1]が、複線化に伴う駅舎・ホームのリニューアルにより当時の面影はなくなった。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1   高野線 下り 高野山方面
2   高野線 上り なんば方面

ダイヤ編集

日中は1時間あたり2~3本(急行が毎時2~3本、快速急行が毎時0~1本の運転であり、快速急行は当駅を通過するため変動する)が停車する。

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員256人である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員
順位 出典
2000年(平成12年) 524 - [2]
2001年(平成13年) 515 - [3]
2002年(平成14年) 498 - [4]
2003年(平成15年) 486 - [5]
2004年(平成16年) 449 - [6]
2005年(平成17年) 418 88位 [7]
2006年(平成18年) 413 - [8]
2007年(平成19年) 382 - [9]
2008年(平成20年) 386 - [10]
2009年(平成21年) 362 - [11]
2010年(平成22年) 353 - [12]
2011年(平成23年) 335 88位 [13]
2012年(平成24年) 326 89位 [14]
2013年(平成25年) 320 89位 [15]
2014年(平成26年) 305 89位 [16]
2015年(平成27年) 286 89位 [17]
2016年(平成28年) 260 90位 [18]
2017年(平成29年) 256 89位 [19]

駅周辺編集

駅周辺は昔ながらの集落となっている。駅前には商店がある。千早赤阪村千早の金剛山登山口までは約8km離れている。ただし、本駅から3.5km離れた南海バス太井停留所まで行けば、その先の区間はバスが利用できる。

  • 天見簡易郵便局
  • 国道371号石仏バイパス(大阪橋本道路の一部)
    南海美加の台駅付近「石仏南交差点」から当駅付近「才ノ神南交差点」までは完成している。
  • 天見公民館
  • 地蔵寺
  • 松明屋

隣の駅編集

南海電気鉄道
  高野線
快速急行
通過
急行・区間急行・各駅停車
美加の台駅 (NK71) - 千早口駅 (NK72) - 天見駅 (NK73)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集