メインメニューを開く

天馬株式会社(てんま)は、東京都北区に本社を置くプラスチック製品のメーカー。

天馬株式会社
TENMA CORPORATION
Tenma Head Office.JPG
天馬本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7958
1988年8月3日上場
本社所在地 日本の旗 日本
115-0045
東京都北区赤羽1-63-6
設立 1949年8月26日(太洋商事株式会社)
業種 化学
法人番号 2011501003026
事業内容 プラスチック製品の製造・販売。
代表者 代表取締役会長 金田保一
代表取締役社長 藤野兼人
資本金 19,225百万円
発行済株式総数 27,813,026株
売上高 連結:774億85百万円
単独:227億43百万円
(2018年3月期)
純資産 連結:759億54百万円
単独:587億55百万円
(2018年3月期)
総資産 連結:925億50百万円
単独:649億70百万円
(2018年3月期)
従業員数 連結:6,966名、単独:667名
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 有限会社ビー・ケー・ファイナンス 12.34%
株式会社カネダ興産 12.12%
株式会社ツカサ・エンタープライズ 8.61%
(2018年3月31日現在)
外部リンク https://www.tenmacorp.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1949年昭和24年)- 太洋商事株式会社として設立。
  • 1954年(昭和29年)- 天馬合成樹脂株式会社に商号を変更。
  • 1987年(昭和62年)- 天馬株式会社に商号を変更。
  • 1988年(昭和63年)- 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1991年平成3年) - 東京証券取引所市場第一部に指定替え。
  • 1992年(平成4年) -中国広東省中山市に天馬精塑(中山)有限公司を設立。
  • 1995年(平成7年) -中国上海市に上海天馬精塑有限公司を設立。
  • 2004年(平成16年)-中国深セン市の深セン美陽注塑有限公司を子会社に加える。
  • 2005年(平成17年)-中国広東省中山市に天馬精密工業(中山)有限公司を設立。
  • 2005年(平成17年)-中国広東省深セン市に天馬精密注塑(深セン)有限公司を設立。
  • 2007年(平成19年)-ベトナムハノイ市にTENMA VIETNAM CO.,LTDを設立。
  • 2009年(平成21年)-株式会社タクミック・エスピー(現 天馬アセアンホールディングス株式会社)を子会社に加える。
  • 2010年(平成22年)-中国蘇州市に天馬皇冠工業(蘇州)有限公司を設立。
  • 2010年(平成22年)-PT.SUMMITPLAST(現 PT.TENMA CIKARANG INDONESIA)を子会社に加える。
  • 2014年(平成26年)-TENMA(THAILAND)CO.,LTDの第二工場となるプラチンブリ工場稼働。
  • 2017年(平成29年)-PT.TENMA INDONESIAの第二工場となるスルヤチプタ工場稼働。

製品編集

  • ハウスウエア
    押入れやクローゼット、プライベートルームなど収納場所にて使用できる収納用品や、物干し、アイロン台、ゴミ箱などの家庭用品を開発。
    各商品には、細部にまで工夫を行い類似商品と比べると少し値段が張るものの丈夫さや使い易さにこだわった商品を開発している。
    中でも、プラスチック収納ケースの「フィッツケース」は販売開始から30年以上経過しているロングセラー商品となっており、同社の代表的な商品となっている。
    通販サイト「テンマフィッツワールド」は同社で直接運営をしているECサイトである。
  • 工業品
    射出成形技術をベースとして金型の設計/製作から成形・2次加工(アッセンブリ/塗装/印刷など)までを一貫して行っている。
    また、国内に6工場、海外に12工場の環境保全に配慮した、工業用プラスチック成形加工品を生産する拠点持っている。
  • 産業資材
    LCA(ライフサイクルアセスメント)による評価に基づいて、南洋材合板型枠の代替品として、 複合強化プラスチック製型枠『カタパネル』を開発し、環境保護に配慮した事業活動を推進している。

関連会社編集

  • 天馬アセアンホールディングス株式会社
  • 株式会社タクミック

参考文献編集

外部リンク編集