呉乞買(ウキマイ)は、の第2代皇帝劾里鉢の第4子で、太祖阿骨打の同母弟。長兄に烏雅束(ウヤス)、伯父に劾者(ヘテェ、劾里鉢の長兄、烏古廼の庶長子)、高宗・完顔盈歌(インコ)は季父(末の叔父)に当たるという。嫡男の阿魯(アル、中国名は宗磐・宗本)ら数名の息子がいる。

太宗 完顔呉乞買
第2代皇帝
Wanyan Wuqimai.jpg
金太宗像(ハルビン金上京歴史博物館前)
王朝
在位期間 1123年9月27日 - 1135年2月9日
都城 上京会寧府
姓・諱 完顔呉乞買
王晟(漢名)
諡号 体元応運世德昭功哲恵仁聖文烈皇帝
廟号 太宗
生年 太康元年10月15日
1075年11月25日[1]
没年 天会13年1月25日
1135年2月9日
劾里鉢
翼簡皇后
后妃 欽仁皇后
陵墓 和陵→睿陵
年号 天会 : 1123年 - 1135年

生涯編集

兄が存命中はその補佐に当たり、兄の死後に第2代皇帝として即位した。即位後、兄が北宋と結んだ盟約に従ってを攻撃し、天会3年(1125年)に最後の皇帝天祚帝を捕らえてその命脈を絶ち、内モンゴルを支配下に置いた。だが、太宗は寛大で人格者だった太祖と違い、勇猛果敢で果断や実行力に富んだ性格のために、燕雲十六州の奪還を目指す宋軍が燕雲地方に駐留する金軍を牽制する動きの情報を知ると激怒した。天会4年(1126年)、逸早く直ちに北宋との戦端を開いて首都開封を包囲した。この戦役は宋軍がよく持ち堪えたため呉乞買は宋の欽宗と講和を結び、引き揚げた。だが、宋が再び盟約で約束されていた歳貢も滞ったため天会5年(1127年)に再び宋を攻めて開封を陥落させ、欽宗とその父で上皇の徽宗を北へと連れ去って北宋を滅ぼした。また、この時、北宋の皇后(欽宗の皇后朱氏や徽宗の皇后鄭氏を含む)、皇女女官達、女性数千人も同様に拉致した。一部の捕虜女性(高宗の母韋氏を含む)は金の官設の売春施設である洗衣院に入れられて、性的奉仕を強要された。[2]

外モンゴルに逃れた遼の宗族耶律大石が中央アジアに逃れた後は、モンゴル高原に対しても勢力を伸ばし、隣接する西夏高麗に対しても圧力をかけて服属させた。太宗の代に金は版図を急速に拡大し、国力を著しく増強させた。

しかし、いまだ部族制の原理がよく残った女真社会において太宗の権力基盤は完全なものではなく、子の阿魯ら自分の血筋への世襲は同族の長老らの猛反対を受けたので、やむなく兄太祖の嫡孫に当たる合剌を皇太子とした。

宗室編集

妻妾編集

  • 欽仁皇后(唐括氏)

編集

脚注編集

  1. ^ 金史』に「金太宗完顔晟生於遼道宗大康元年」とあり、呉乞買の即位後に誕生日として祝われた「天清節」は旧暦10月15日であった。
  2. ^ 『靖康稗史証』