メインメニューを開く

奈良県道155号多武峯見瀬線

日本の奈良県の道路
奈良県道155号標識
多武峯付近。左側に歩行者への注意を促す標識がある

奈良県道155号多武峯見瀬線(ならけんどう155ごう とうのみねみせせん)は、奈良県桜井市八井内から橿原市見瀬町に至る一般県道

目次

概要編集

桜井市西口から明日香村上までの区間が長らく未通であったが、2009年平成21年)12月18日に開通した。当道路の開通によって、明日香村から多武峰(多武峯)、さらに奈良県道37号桜井吉野線を経て吉野町ふるさと農道を経て宇陀市と結ばれ、奈良県東部の観光地へのアクセス改善が期待される。ただし、竜門山地北嶺の標高が概ね250 - 490m程度の場所を通るため勾配が大きく、冬季は積雪のため通行には注意を要する。さらに、石舞台から多武峯へのハイキングコースと交差するため歩行者の横断にも注意が必要である。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

周辺編集

関連項目編集