奥田弦

日本のピアニスト、作曲家、編曲家 (2001-)

奥田 弦(おくだ げん、2001年10月10日 - )は、日本ピアニスト作曲家編曲家。所属事務所はオフィス・トゥー・ワン

奥田 弦
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック音楽
職業 演奏家

来歴編集

埼玉県生まれ[1]。3歳でおもちゃのピアノで遊び始め、楽譜の読み方を父に教わる[2]。5歳のときに毛呂山町に転居すると、居間に置かれたピアノで熱心に練習するようになり[2]、映画『アマデウス』にて、モーツァルトが5歳で作曲を始めたことを知り、自分も始める。ほぼ独習で演奏法を身につけ[3]、さらに作曲もはじめた[1]。6歳でビル・エバンスを聴いたのをきっかけに、もっぱらCDを聴くことを通してジャズに傾倒してゆき[3][4]オスカー・ピーターソンに憧れるようになった[2]。その後、7歳でソロコンサートを開き、8歳のときに3か月間だけ、ピアノ教師の指導を受け[1]2010年から各地の会場でコンサートを開催するようになり[2]2011年には地元の毛呂山町のほか、川越市兵庫県香美町でもコンサートを行なった[4]。数々のjazzフェスにも登場。

この間、2010年6月16日に『天才てれびくん』(Eテレ)に出演し[2]、さらに、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜』(日本テレビ)、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)などのテレビ番組にも出演した[4]

2011年12月21日に、史上最年少の9歳でメジャーデビュー・アルバム『奥田弦』がリリースされた。内容は、ラグタイムジャズスタンダードナンバーなどを中心としているが、奥田の自作曲も収録されている[4][5]

同年、ジャズジャパンアワードを受賞[6]

2014年、史上最年少の12歳でJASRACのメンバーとなる[6]

2015年題名のない音楽会の作曲大喜利でアドリブで作曲をし優勝。

2015年11月11日 キングレコードより学校で習うクラシックをジャズアレンジした『奥田弦とゆかいな学校ジャズ・ピアノ[7]』発売。

2016年、「SHOW ル・リアン[8]」(春・天王洲銀河劇場 )ではテーマ曲を書下ろしピアニストとしても出演。同年秋の京王音楽祭では『奥田弦×東京フィル Jazzy Classic』と題し東京フィルハーモニー交響楽団と共演しオーケストラ初共演を果たす。更に東京交響楽団と奥田トリオバンドの共演も話題となり、奥田のオリジナリティ溢れるパフォーマンスは新たな“風”としてオーケストラ等からも注目される。

2017年4月よりEテレ「ムジカ・ピッコリーノ」アポロン5号シリーズにピアノ担当レオ役で出演。

阿久悠未発表詞プロジェクト105080に参加し「いずこ~ふたたび歌を空に翔ばそう~[9]」のBGM作曲と演奏を担当。

ソロコンサート「奥田弦ジャズワールド」を全国で開催。インプロビゼーションが高評の奥田の即興企画も盛り込んだプログラムは今までにない感覚のコンサートとして人気を得ている。また、ジャズピアニスト国府弘子と共演するなどコラボレーションの幅も広げている。

2018年1月からは、テレビ高知イブニングKOCHI」テーマ音楽担当し、番組テーマ、天気予報BGM曲、ジングル等全て手掛けている。

2019年10月よりEテレ「ムジカ・ピッコリーノ」アポロン5号シリーズが再びスタート。(ピアノ担当 レオ役)

ディスコグラフィー 編集

アルバム編集

提供作編曲編集

  • 「革新」アイリスオーヤマLED省エネ大賞受賞CMテーマ曲
  • 「start」 テレビ高知「イブニングKOCHI」テーマ
  • 「空模様」テレビ高知「イブニングKOCHI」天気予報BGM
  • 「革新」アイリスオーヤマLED省エネ大賞受賞CMテーマ曲
  • 「北斎」 『ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎』テーマ
  • 「アジアの空」 BSジャパン『アジアン・タイムズ』エンディングテーマ
  • 「星地図」 BS民放5局共同特別番組
  • 『久米宏・未来への伝言~ニッポン100年物語~』エンディングテーマ 
  • 「ル・リアン」 『SHOW ル・リアン』テーマ
  • TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」キャラクターソロシリーズ 01 ココア(CV.佐倉綾音)「COCOATIC BAR」 作編曲 演奏(2018年8月15日)
  • TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」キャラクターソロシリーズ 06 メグ(CV.村川梨衣)「あん・どぅ・とろわ」 編曲(2018年10月24日)

出典・脚注編集

  1. ^ a b c ヤマハ銀座で小学生の奥田弦がジャズピアノライブ”. 銀座新聞ニュース (2012年2月14日). 2012年7月5日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d e タレント名:奥田弦”. ヤッピータレントブック/Hancruz. 2012年7月5日閲覧。
  3. ^ a b 村野英一 (2012年1月24日). “(ひと)奥田弦さん デビューCDを発表した小4のジャズピアニスト”. 朝日新聞(朝刊): p. 2  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b c d 9歳の奥田弦くん、遂に『奥田弦』でデビュー”. グローバル・プラス (2011年12月11日). 2012年7月5日閲覧。
  5. ^ 奥田弦”. ポニーキャニオン. 2012年7月5日閲覧。
  6. ^ a b 14歳のジャズピアニスト、天才のプレッシャーを「楽しんでる」”. ORICON STYLE (2015年11月8日). 2015年11月9日閲覧。
  7. ^ 13歳のジャズ・ピアニスト、奥田 弦が学校での1日をストーリーにしたアルバムをリリース - CDJournal ニュース” (日本語). www.cdjournal.com. 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ SHOW ル・リアン | 天王洲 銀河劇場” (日本語). 2019年9月18日閲覧。
  9. ^ 阿久悠リスペクト盤『地球の男にあきたところよ』にリリー、曽我部恵一ら” (日本語). CINRA.NET. 2019年9月18日閲覧。

外部リンク編集