女性護身術

女性護身術(じょせいごしんじゅつ、: Feminist Self Defense[1])とは、主に欧米で開発された女性子供向けの護身術で、強姦ドメスティックバイオレンス性的虐待などの暴力に対抗することを目的としている。

目次

歴史編集

1970年代からのフェミニズムといった女性運動の高まりにより、女性に対する暴力の問題が注目されるようになり、女性への暴力強姦性暴力を受けた女性の被害が調査・研究された。

その結果、女性の多くが夫や恋人によって殺害されていること[2][3]強姦の加害者は、ほとんどの場合、顔見知りであること[4][5]強姦は暴力が伴わない場合が多いこと[6]強姦の多くが衝動的ではなく計画的におこなわれていること[7]などの事実が判明した。

そうした女性への暴力に対抗するため、初の性暴力被害者女性のシェルターと電話相談が、1970年代にヨーロッパ北米に設けられた。しかし、フェミニスト達は暴力を受けた女性達をシェルターで受け入れるだけで不十分だと考え、女性が犠牲者にならないようにするため、空手柔道の技を基本に持つ、女性護身術が生まれた[8]

具体的には、1972年には米国空手をもとにしたモデル・マギングがマット・トーマスによって作られ[9][10]、同年にカナダのペイジ一家によって空手と柔道をもとにしたウェンドーが作られた。1989年にはキッドパワーがアイリーン・ヴァンデルザンデによって作られている[11]。女性護身術は米国の様々なマスメディアで取り上げられるようになり欧米を中心に普及していった[12][13][14][15][16]

これらの女性護身術は、初期の段階では空手柔道合気道といった日本武道を元にして作られたが、後には独自の技術を発展させていき、現在では日本の武道の面影をあまり留めてはいない。

日本での普及編集

日本においては、薙刀術合気道といった伝統的な武道が、女性が習う護身術として古くから親しまれているが、性暴力に注目した形での護身術は存在していなかった。そうした状況の中、2002年インパクト[17]ウェンドー[18][19]が、2004年Self Defense from inside-out[20]が、アメリカおよびカナダから日本に導入され、2012年にはキッドパワーの日本人インストラクターが、NPO法人日本対性暴力研究所により養成されている[21]。また、2007年には国産初の女性護身術であるパラベラムが、NPO法人日本対性暴力研究所により作られている[22]

特徴編集

現在でも多くの人々(特に男性)の中には、屋外で見知らぬ男から暴力によって強姦されることが「本当の強姦」でそれ以外は強姦では無いという誤解[23][24]があることと、男性は見ず知らずの他人から暴行されたり殺害される割合が年間で女性の2倍以上[25]であるため、男性が作った一般的な武道護身術では「暗い夜道で怪しい男に突然襲われた場合」といった見ず知らずの他人からの暴力を受けた場合を想定しているが、女性護身術では前述のように、強姦や女性への暴力の多くが、夫、恋人、友人や知人といった親しい顔見知りから行われていることを踏まえて、そうした顔見知りからの暴力に対抗するための方法を重視[26]している。また、暴力における 社会的・文化的な性の有り様の影響を念頭に置き、一般的な護身術では考慮されていない、セクシュアルハラスメントドメスティックバイオレンスデート・レイプ夫婦間レイプなどの性的暴力に対応することを重視している。

こうした想定の違いから、一般的な護身術とは異なり、女性護身術では、加害者よりも肉体的に強くなって撃退するのではなく、自分が既に持っている心と体の強さを引き出して対抗することを重視[27][28]している。なぜならば、多くの場合において、護身術を必要としている人々は、体格や年齢、金銭的・時間的な余裕が無いなどの様々な理由により、加害者より肉体的に強くなる事が難しい場合が多いため、被害者が加害者を肉体的な強さで上回ろうとする試みは非現実的であるし、そもそも、前述の通り強姦などの女性への暴力の多くが、夫、恋人、友人・知人、家族・親族といった親しい顔見知りによって行われていること、そうした顔見知りによる強姦性的暴力の多くは、加害者が女性を殴打したり武器で脅すのではなく、社会的な上下関係、経済的な環境、言葉による誤魔化し、薬物やアルコールの使用などによって強姦に及ぶ事が解っているため[29][30]、加害者よりも肉体的に強くなっても効果的に身を守ることが難しい。

具体的には、女性は親しい顔見知りから強姦された場合には、加害者を憎む気持ちよりも庇う気持ちを持ったり、それ以降の加害者との関係性を考慮して、通報を躊躇うことが指摘されている[31][32]。このように通報すら躊躇う事情を考慮すれば、例え女性が加害者よりも肉体的に強くなったとしても、それだけでは、加害者を暴力的に制圧するといった事が難しいことが理解されるだろう[33]

心理的な強さ編集

女性護身術で言われる、精神的・心理的な強さ、とは、肉体的な痛みや苦しみに耐える、いわゆる根性や忍耐力といったものではなく、セルフエスティームアウェアネスアサーティブネスなどを高め、境界線(女性護身術の用語で、自分にとって許せる範囲と、そうでない範囲を指す[34])を確立し強化することにある。境界線には個人差があり、育った環境、文化的要素、人生経験、性格、その時の気分などが影響を及ぼす。

境界線を強化することによって、他人の必要や要求を満たす前に、まず自分自身の必要や要求を尊重する態度を身につけることで、他者との対等で健全な人間関係を築くことを示している。具体的には、女性が虐待の加害者に対して、加害者の言いなりにならず、加害者に立ち向かうことや、加害者の不快な行為に対して怒りを表すこと、女性と加害者が夫婦や恋人関係にあったとしても二人が別々の尊重されるべき人格を持つ人間であることを主張する、といった態度と行動を指す。このような「心理的な強さ」によって、暴力を予防することが女性護身術では重視されている。

また、男性であれば自立した個人としては当たり前とも言えるこうした行動を、女性が取った場合には、時に社会から(男性からだけでなく女性からも)「我が儘な女だ」や「冷たい女だ」といったの反発があるため[35]、そうした反発に抵抗するための心理的な強さが求められる、ということも示している。そもそも、女性への身体的暴力性的暴力は、男性が女性に敵意や女性を見下した価値観[36]を持っていたり、女性に対して搾取的・権威的であったりするような、不健全な人間関係や、被害者と加害者の力関係の不均衡・強弱が存在している場合[37]に於いて発生し易い[38]

ドメスティックバイオレンスにおいても、男性加害者は、自分の妻や彼女は「彼のモノ」で、女性とは「彼の欲求を満たすことに専念する」存在であり、また「彼女自身の欲求はいっさいもって」いない存在だと考えている[39]ため、このような加害者の標的にされないためには、女性の「心理的な強さ」が最も重要になる。

女性のための護身術との違い編集

いわゆる「女性のための護身術」や「女性向け護身術」と、本項で解説している女性護身術は、どちらも女性のために作られているものだが、その内容は大きく異なる。「女性のための護身術」においては、女性は身体的な能力に劣るとして、簡単な武道や格闘技の技を教えるに留まるため[40]、女性護身術とは言えない。なぜなら、そのような「女性のための護身術」に於いては、#特徴で述べたような、親しい顔見知りによる性暴力や、セクシュアルハラスメントドメスティックバイオレンスなどには対応することが出来ないからだ。

一方、女性護身術では、格闘の技術だけを指導するのではなく、性暴力の実態や危険な男性の見分け方から、言葉や態度によって暴力に対抗する方法、女性をエンパワーメントして自尊感情と境界線を強化し、#心理的な強さを身につけさせる指導が行われている。そのため、女性護身術のインストラクターには、格闘についてだけではなく、性暴力の実態に関する知識、女性学および 社会的・文化的な性の有り様に関する知識をはじめ、性暴力被害を受けた場合に必要な医療法律に関する知識も必要となる[41]

評価編集

女性護身術の効果について、ディー=ベッカーは「危険信号に気付く訓練」として高く評価しており[42]、そのほかにも、欧米を中心として、様々な研究や調査、専門家によって受講者の自己防衛力を向上させる効果が確認されている[43][44][45][46][47][48][49][50][51]

一方で女性護身術の有効性について批判する専門家も存在しており、ストロングは「"女性のための護身術"のたぐいは、実際に効果のないものがほとんどであるうえ、ちょっと練習すれば使えるかのような印象を与えることもあり、かえって危険であると言わざるを得ません」としている[52]

ストロングによると、もしも、力の弱い女性が使って効果のある格闘技術ならば、男性が使っても効果的であるはずなので、多くの男性にも指導されるようになる、と考えられるが、実際には女性護身術に特有の格闘技術[53]は、女性護身術以外の護身術武道格闘技で男性に対して指導されていない事実を踏まえ「男性にとって役に立たない方法は女性にも役に立たない」[54]として、女性護身術に特有の格闘技術を批判している。

実際に、このような、女性護身術に対する批判に応える形で、格闘技術の問題点を改善するべく、日本対性暴力研究所が開発した、国産女性護身術のパラベラムでは、格闘技術の刷新が行われている。[55]

こうした女性護身術に対する賛否の意見を総合すると、大部分の女性護身術では、格闘技術に限界が存在するものの、危険を予知し回避する、女性をエンパワーメントする、セルフエスティームアウェアネスアサーティブネスを高める、といった女性護身術が持つ特有のプログラム内容は、女性の精神的な抵抗を高める効果が期待できるため、全体として女性の性的暴力に対する抵抗性を上げる効果が期待できる[56]

脚注編集

  1. ^ The Feminist Self-Defense Movement: A Case Study Patricia Seamless,Ronald J. Berger Gender and Society Vol. 1, No. 1 (Mar., 1987), pp. 61-84
  2. ^ 殺人の女性被害者の32%が夫または恋人によって殺害されるが、男性の殺人被害者の場合は3%が妻または恋人に殺害されたに過ぎない。C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.301
  3. ^ 夫や恋人などによるパートナー暴力が、15〜44歳の女性の最も一般的な負傷原因で、強盗、交通事故、癌による死亡者数を越える。M.ハーウェイ,J.M.オニール『パートナー暴力』(北大路書房) 2011年 p.16
  4. ^ 面識の無い他人からの強姦は24.4%に過ぎなかった。C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 pp.393,394
  5. ^ スーザン・エストリッチ『リアル・レイプ』JICC出版 1990年 p.28
  6. ^ 強姦では凶器はあまり使われず、怪我をするのは被害者の約4分の1で、その中で重症を負うのは5%。C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.394
  7. ^ 強姦の71%または3分の2以上が明らかに計画していた。C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.396
  8. ^ 日本対性暴力研究所 - 注釈: 女性護身術 2016年12月11日閲覧
  9. ^ Real knockouts: the physical feminism of women's self-defense 1997 p.60 2015年9月30日閲覧
  10. ^ その後、モデル・マギングはマット・トーマス達男性インストラクターと女性インストラクターの内部対立により分裂し女性インストラクター達によって複数の団体が設立される。Mother Jones "Below the Belt" 1990 2015年9月30日閲覧
  11. ^ 他にも北米および西ヨーロッパを中心に、様々な女性護身術団体があるが、ここでは日本で紹介されているものだけを挙げた。
  12. ^ LIFE Magazine "Fighting Back" 1993 2015年9月30日閲覧
  13. ^ Glamour Magazine "Conquering Street Fear: A Self-Defense Course Worked For Me" 1991 2015年9月30日閲覧
  14. ^ Walking Magazine "Walking Without Fear" 1993 2015年9月30日閲覧
  15. ^ Sassy Magazine "I Am Woman Hear Me Roar" 1992 2015年9月30日閲覧
  16. ^ Fitness Magazine "How Self-Defense Training Changed My Life" 1995 2015年9月30日閲覧
  17. ^ インパクト東京(NPO法人ライフライツ)の歩み 2015年10月7日閲覧
  18. ^ Wen-Do Japanについて 2015年10月7日閲覧
  19. ^ リアライズYOKOHAMAとは2015年10月7日閲覧
  20. ^ 南山大学 社会倫理研究所 2015年10月7日閲覧
  21. ^ 日本対性暴力研究所の沿革 - 2012年 2017年7月14日閲覧
  22. ^ 日本対性暴力研究所の沿革 - 2007年 2017年7月14日閲覧
  23. ^ スーザン・エストリッチ『リアル・レイプ』JICC出版 1990年 p.30
  24. ^ 田口真二・平伸二・池田稔・桐生正幸 『性犯罪の行動科学:発生と再発の抑止に向けた学際的アプローチ』北大路書房 2010年 p.16
  25. ^ C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.302
  26. ^ 橋本明子『セルフ・ディフェンス』三五館 2004年 p.23
  27. ^ 橋本明子『セルフ・ディフェンス』三五館 2004年 pp.26-27
  28. ^ 森山奈央美,三宅りお『強い女性は美しい 今日から使える護身術』新水社 2011年 p.14
  29. ^ C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.394
  30. ^ 田口真二,平伸二,池田稔,桐生正幸 『性犯罪の行動科学:発生と再発の抑止に向けた学際的アプローチ』北大路書房 2010年 pp.50,68,71,148
  31. ^ ある調査によると見知らぬ他人から強姦された被害者の半数が通報するのに対して加害者が顔見知りの場合は誰も通報していなかった。田口真二,平伸二,池田稔,桐生正幸 『性犯罪の行動科学:発生と再発の抑止に向けた学際的アプローチ』北大路書房 2010年 pp.93-94
  32. ^ 「もし秘密を明かすことで養育を放棄されたり周囲から非難されるのなら、子どもは沈黙を守るだろう」荒堀憲二,石山一舟,須藤八千代,内藤和美,北山秋雄『子どもの性的虐待』大修館書店 1994年 p.19
  33. ^ 「上司であったり、会社の中で自分の立場を左右できる人からの暴力である場合、抵抗することは現実的に非常に難しい」橋本明子『セルフ・ディフェンス』三五館 2004年 p.23
  34. ^ 日本対性暴力研究所 - 注釈: 女性護身術の特徴 2016年12月11日閲覧
  35. ^ ギャヴィン・ディー=ベッカー『暴力から逃れるための15章』新潮社 1999年 p.65
  36. ^ ランディ・バンクロフト 『DV・虐待加害者の実体を知る』明石書店 2010年 p.151
  37. ^ 荒堀憲二,石山一舟,須藤八千代,内藤和美,北山秋雄『子どもの性的虐待』大修館書店 1994年 pp.42-44
  38. ^ C.R.バートル,A.M.バートル『犯罪心理学 行動科学のアプローチ』北大路書房 2010年 p.407
  39. ^ ランディ・バンクロフト 『DV・虐待加害者の実体を知る』明石書店 2010年 p.379
  40. ^ サンフォード・ストロング『凶悪犯から身を守る本』毎日新聞社 p21 2005年
  41. ^ 橋本明子『セルフ・ディフェンス』三五館 2004年 pp.31-34,74
  42. ^ ギャヴィン・ディー=ベッカー『暴力から逃れるための15章』新潮社 p73 1999年
  43. ^ Journal of Personality and Social Psychology Vol.58, No.3, p472-486 2015年9月30日閲覧
  44. ^ Children and Youth Services Review Vol.44 p152–162 2015年9月30日閲覧
  45. ^ Society for Research in Child Development 2014 2015年9月30日閲覧
  46. ^ Promoting Safety Skills in Children: A Quasi-experimental Evaluation of the Kidpower Everyday Safety Skills Program 2015年9月30日閲覧
  47. ^ Megan E. DiPaola-Allen 2013 p9, 49, 54, 146, 154 2015年9月30日閲覧
  48. ^ JVA Consulting, LLC 2009 2015年9月30日閲覧
  49. ^ Projet Pouvoirs aux tout-petits! Évaluation de l'implantation et des effets 2015年9月30日閲覧
  50. ^ Report to the Community 2003-2005 p36 2015年9月30日閲覧
  51. ^ LaFrance Associates Stand Alone Executive Summary 2004 2015年9月30日閲覧
  52. ^ サンフォード・ストロング『凶悪犯から身を守る本』毎日新聞社 p23 2005年
  53. ^ モデル・マギング等では「女性でも、脚力は屈強な男の腕力に負けないほど強いものです。もし襲われたら床に横になり かかとで男の頭を蹴り上げてやりなさい。相手がひるむまで蹴り続けるのです」等の指導が行われている。サンフォード・ストロング『凶悪犯から身を守る本』毎日新聞社 p23 2005年
  54. ^ サンフォード・ストロング『凶悪犯から身を守る本』毎日新聞社 p24 2005年
  55. ^ 日本対性暴力研究所 - 沿革 2017年8月1日閲覧
  56. ^ モデル・マギング教室で自信をつける女性たち 2015年9月30日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集