姉崎天神山古墳(あねさきてんじんやまこふん)は、千葉県市原市姉崎にある古墳。形状は前方後円墳姉崎古墳群を構成する古墳の1つ。千葉県指定史跡に指定されている。

姉崎天神山古墳
Anesaki Tenjin-yama Kofun, zenkei.JPG
墳丘全景(右に後円部、左奥に前方部)
所属 姉崎古墳群
所在地 千葉県市原市姉崎2489
位置 北緯35度28分27.56秒
東経140度3分14.25秒
座標: 北緯35度28分27.56秒 東経140度3分14.25秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長128m(推定全長130m)
高さ14m(後円部)
埋葬施設 不明
出土品 なし
築造時期 4世紀前半-中頃
史跡 千葉県指定史跡「姉崎天神山古墳」
地図
姉崎天神山 古墳の位置(千葉県内)
姉崎天神山 古墳
姉崎天神山
古墳
テンプレートを表示

概要編集

養老川下流左岸の台地上に築造された大型前方後円墳である[1]。姉崎地域では、大型前方後円墳数基を含む姉崎古墳群の築造が知られ、本古墳はそのうちの1基になる。本古墳のくびれ部には後世に建てられた菅原神社(天神社)が鎮座しており、古墳名はこれに由来する[2]。これまでに発掘調査は実施されていない[1]

墳形は前方後円形で、前方部を西方に向ける[1]。墳丘長は現存128メートル(推定130メートル)を測り、姉崎古墳群中では最大規模、房総地方でも前期古墳としては最大規模になる[1]。前方部は未発達で古い様相を示す[1]。墳丘周囲では、南側から東側にかけてのみ周溝が巡らされたと見られている[1]。発掘調査がなされていないため埋葬施設は明らかでなく、埴輪などの遺物も得られていない。

この天神山古墳は、墳形・立地から4世紀前半-中頃(古墳時代前期)の築造と推定される[1]。姉崎古墳群は『先代旧事本紀』「国造本紀」に見える上海上国造の首長墓群と想定され、本古墳もその1つとされる[3]。姉崎古墳群中では今富塚山古墳に後続し[1]、釈迦山古墳に先行する築造とされる[3]。なお、本古墳の南西側では円墳として宝蔵寺古墳・宝蔵寺2号墳があったが、現在は失われている[1]

古墳域は1968年昭和43年)に千葉県指定史跡に指定されている[2]

来歴編集

規模編集

 
後円部から前方部を望む
中央は菅原神社。
 
前方部から後円部を望む

古墳の規模は次の通り[3]

  • 墳丘長:128メートル(推定全長130メートル)
  • 後円部
    • 直径:60メートル
    • 高さ:14メートル
  • 前方部
    • 幅:55メートル
    • 長さ:65メートル
    • 高さ:8メートル
  • くびれ部
    • 幅:32.5メートル
    • 高さ:10メートル

文化財編集

千葉県指定文化財編集

  • 史跡
    • 姉崎天神山古墳 - 昭和43年4月9日指定[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 史跡説明板(千葉県教育委員会・市原市教育委員会、1993年3月設置)
  • 地方自治体発行
    • 「姉崎古墳群」『千葉県の歴史 資料編 考古2(県史シリーズ10)』千葉県、2003年。
  • その他文献
    • 大塚初重「姉崎古墳群」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 978-4490102604
    • 「姉崎古墳群」『日本歴史地名大系 12 千葉県の地名』平凡社、1996年。ISBN 4582490085
    • 続 日本古墳大辞典東京堂出版、2002年。ISBN 978-4490105995
      • 小沢洋 「姉崎古墳群」小沢洋 「天神山古墳 > 姉崎天神山古墳」

関連項目編集

外部リンク編集