学校の怪談(がっこうのかいだん)とは、学校にまつわる怪談のこと。

目次

概要編集

「学校の怪談」は口承文化の一つであり、「分からなさ」という要素が必ず含まれることからコミュニケーションツールとして脈々と引き継がれていくこととなった[1]

1990年代になると、後述の「七不思議」とともに多くの映画やドラマ、小説、漫画のモチーフとなり、定型化されていった。

「学校の怪談」は「子供の他愛無い戯言」とされる場合も多いが、昨今のそれは旧来の「怖い話」に、時代性を引用することでリアリティを付加される事例も多く、情報の伝播速度の特進化と相まって、地域を巻き込んだ「社会現象」になる事もある。

「学校の七不思議」編集

これらの怪奇譚を7つ集めたものが「学校の七不思議」・「学園七不思議」で、7つ全てを知ってしまうと(または「隠された8つ目を知ると」)不幸が訪れるとされる場合が多い。なお、伝承の総数は必ずしも7つであるとは限らない。

怪談の例編集

学校の怪談を題材とする作品編集

以下の作品以外でも、学園もの等の学校を主な舞台とした作品では、エピソードの一つとして七不思議を取り上げることが多い。

書籍編集

映画編集

学校のみならず、洞窟・街中・灯台など様々な場所を舞台とした5作品が製作された。

テレビドラマ編集

関西テレビ系で連続シリーズ及びスペシャル版6本が製作・放送された。

  • 学校の怪談』(1994年1-3月)
  • 『学校の怪談R』(1996年7月)
  • 『同f』(1997年7月)
  • 『同G』(1998年7月)
  • 『同 春のたたりスペシャル』(1999年3月)
  • 『同 春の呪いスペシャル』(2000年3月)
  • 『同 春の物の怪(もののけ)スペシャル』(2001年3月)

携帯配信編集

ゲームソフト編集

アニメ編集

出典編集

関連項目編集