メインメニューを開く

七不思議(ななふしぎ)は、ある地域や場所において起こる不可解な7つの事柄を指す語。転じて、7つの不可解な物や現象を数え上げたものを指し、怪談の一形式としても有名である。

概要編集

(二の三倍)から(二の五倍)までの数の中で唯一の素数であるため、日本では、ある地域において「割り切れない」つまり不可解な現象や伝承を、七つ一組で「七不思議」と称することがあった。古くは諏訪大社七不思議遠州七不思議などが挙げられる。あくまで不思議な現象や言い伝えを指し、妖怪超常現象といった物は直接は関係せず、一般には名所とされるような物すら含まれている。現代においては非科学的で事実かどうか怪しい伝承も多いが、諏訪大社七不思議の御神渡りのように、(自然現象として科学的に解明されてはいるが)今もなお確認できるものもある。

江戸時代に入ると怪奇談の一形式として広まり、本所七不思議などが作られた。現代においては「学校の七不思議」などのように怪談の一種として作られる物が多く、本来の意味よりも都市伝説などで知られている方が多い。さらに吉原七不思議将棋界の七不思議などのように、単に説明が付かない、あるいは科学的根拠の無いジョークジンクスを七つ一統めにして七不思議と称するパロディ的な物も多い。

また、元々個別に存在していた話を七不思議に倣って七つに集約するために、実際には八つ以上存在する場合もあり、場合によって内容が変わることもある。怪談系ではこれを逆手に取り、八つ目を知ると身に危険が迫ると言った物も多い。

日本国外においては、有名な物に世界の七不思議があるが、ここで言う不思議とは七不思議を由来とした意訳であって、本来の意味は、景観・驚くべきものという意味である(詳細は世界の七不思議#「不思議」の意味を参照)。当然、日本の七不思議とは関係性は薄いと考えられる。

七不思議の例編集

一般例編集

怪談系編集

建造物に関するもの編集

その他編集