学校法人大乗淑徳学園

東京都にある学校法人

学校法人大乗淑徳学園(だいじょうしゅくとくがくえん)は、東京都板橋区に本部を置く学校法人。日本の浄土宗教育資団「淑徳」と財団法人大乗学園「巣鴨」とが合併して創設された。

なお、淑徳SC中等部・高等部(東京都文京区)を運営する「学校法人 淑徳学園」とはルーツを同じくするが、現在当学園とは別系列である。

起源編集

1892年(明治25年)、女子教育の発展のために輪島聞声が設立した「淑徳女学校」(現在の淑徳中学校・高等学校の前身)から始まる。

設置校編集

本学園では、就学前教育機関である幼稚園初等教育機関、各種学校である日本語学校高等教育機関として扱っている[1]。なお、専門学校専修学校専門課程)についてはすでに廃止されている。

大学編集

中学校・高等学校編集

本来「淑徳」とは「女性のしとやかで貞[2]という意味であり、当初はいずれも女子を対象としていたが、現在は与野を除き男女共学となっている。

小学校編集

幼稚園編集

  • 淑徳幼稚園(1948年創立。東京都板橋区)
  • 淑徳与野幼稚園(1949年創立。埼玉県さいたま市中央区)

各種学校編集

  • 淑徳日本語学校(1994年創立。東京都板橋区) - 下記の淑徳文化専門学校(当時)日本語研修科の独立により開校。

過去の設置校編集

長時間労働問題、体罰・暴言問題編集

2019年12月、淑徳高校の物理担当特任教諭(当時32歳)が同年9月に自殺したことが報じられた[3]。自死男性が残した遺書には「月250時間働いても手取り30万程度の働きしかできない無能な私です」「時代錯誤なこの国の教育業界が少しでもましになることを祈っています」と書き残していた[4]。時間外労働(残業)や休日労働に関する労使協定(三六協定)が締結されておらず、男性の遺族や同僚教諭数人は、池袋労働基準監督署に協定未締結や残業代の未払いを申告した[3]

長時間労働問題以外にも、中高や小学校の生徒、児童に対する教師からの体罰や暴言などの人権侵害が数々報告されている。

関連施設編集

関連法人編集

  • 社会福祉法人淑徳福祉会(千葉県千葉市中央区)
  • 株式会社ディーエスサービス(東京都板橋区)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集