メインメニューを開く

学校法人大乗淑徳学園(だいじょうしゅくとくがくえん)は、東京都板橋区に本部を置く学校法人。日本の浄土宗教育資団「淑徳」と財団法人大乗学園「巣鴨」とが合併して創設された。

なお、淑徳SC中等部・高等部(東京都文京区)を運営する「学校法人 淑徳学園」とはルーツを同じくするが、現在当学園とは別系列である。

目次

起源編集

1892年(明治25年)、女子教育の発展のために輪島聞声が設立した「淑徳女学校」(現在の淑徳中学校・高等学校の前身)から始まる。

設置校編集

本学園では、就学前教育機関である幼稚園初等教育機関、各種学校である日本語学校高等教育機関として扱っている[1]。なお、専門学校専修学校専門課程)についてはすでに廃止されている。

大学編集

中学校・高等学校編集

本来「淑徳」とは「女性のしとやかで貞[2]という意味であり、当初はいずれも女子を対象としていたが、現在は与野を除き男女共学となっている。

小学校編集

幼稚園編集

各種学校編集

  • 淑徳日本語学校(1994年創立。東京都板橋区) - 下記の淑徳文化専門学校(当時)日本語研修科の独立により開校。

過去の設置校編集

関連施設編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 建学の精神 - 大乗淑徳学園
  2. ^ 淑徳(デジタル大辞泉より) - コトバンク

外部リンク編集