別科(べっか, short-term course)とは、当該種別の学校入学できる資格を有する者に対して、簡易な程度において、特別の技能教育を施すことを目的とする学校の課程である。サーティフィケート取得を目的とし、修業年限は1年以上で、卒後進路は就職である[1]

学校教育法では、第58条にて高等学校(第70条にて中等教育学校の後期課程、第82条にて特別支援学校に準用)、第91条にて大学短期大学を含む)に設けることができる条文があるが、高等専門学校専修学校の条項では触れられていない。

目次

後期中等教育における別科編集

学制改革直後、旧制の青年学校本科に相当する課程として、農業、家政の別科が置かれた学校が多かったが、全日制高校の増設や進学率の向上で尽く廃止された。

横浜市立横浜商業高等学校には、現在も理容、美容の別科が設置されている。

大阪府にある私立高等専修学校であるやしま学園高等専修学校(全日制)は、3年間の高等課程と2年間の別科(専攻科)が設置されており、毎日通いながら合わせて5年間ゆっくりと学ぶこともできるようになっている。

また、その後の進路の一つとして、NPO法人で青年の学びと生活を保障する会を2017年にやしま研究科を設立しました。発達障害の学生がいつまでも学ぶことのできる学校づくりを保護者とともに作り続けています。

中等以降高等以前教育における別科編集

高等教育ではなく中等以降高等以前教育に位置づけられ、修了時に学位は発行されない[1]

高等教育に設置されている別科としては、

  • 日本語を母語としない人が日本語を学ぶ課程(留学生別科)
  • 農産物、果樹栽培法等を学ぶ農業別科

が比較的よく見られる。

なお、放送大学等の大学通信教育の選科履修生、科目履修生も別科の一形態と考えることができる。

留学生別科編集

日本の大学では、おもに国立大学に設置されてある留学センターのほかに、留学生用に留学生別科を設置してある大学も多い。設置している大学は以下の通りである。

その他編集

専修学校であるあいち情報専門学校に別科が設けられているが、これはサポート校に近い。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d UNESCO (2008年). “Japan ISCED mapping”. 2015年10月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集