メインメニューを開く

三芳町

日本の埼玉県の町

三芳町(みよしまち)は、埼玉県の南部[1]にある人口約3万8千人のである。入間郡に属するが、近隣基礎自治体の多くがに属さないになっているため、同じ入間郡でも秩父地方に近い毛呂山町越生町とは東西に遠く離れている。

みよしまち
三芳町
木の宮地蔵堂
木の宮地蔵堂
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
入間郡
団体コード 11324-7
法人番号 6000020113247
面積 15.33km2
総人口 38,667
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 2,522人/km2
隣接自治体 富士見市所沢市川越市
志木市新座市ふじみ野市
町の木 ケヤキ
町の花 キク
町の鳥 ヒバリ
三芳町役場
町長 林伊佐雄
所在地 354-8555
埼玉県入間郡三芳町藤久保1100-1
北緯35度49分42.2秒東経139度31分35.3秒
Miyoshi town hall.JPG
外部リンク 三芳町

三芳町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

町内を南北に国道254号(川越街道)及び関越自動車道が通る。町内に鉄道駅は無いが、町の東北側境界近くには東武東上本線志木駅柳瀬川駅鶴瀬駅みずほ台駅ふじみ野駅がある。南へ行けばJR武蔵野線新座駅東所沢駅に、西南に向かえば西武新宿線西武池袋線所沢駅などに出られる。このため首都圏住宅地ベッドタウン)として発展している。また、財政優良度が高く、2015年度は埼玉県内で戸田市と三芳町だけが地方交付税不交付自治体であった。

埼玉県の町の中で最も南に位置し、かつ東京都に最も近い町である[2]。ベッドタウンとしての開発発展も進みつつあるが、町内には柳沢吉保公ゆかりの三富(さんとめ)開発の地である「上富地区」など農地や緑地も多くり、川越芋の一大産地となっている。2016年度には、近隣の川越市所沢市ふじみ野市とともに「武蔵野の落ち葉堆肥農法」が日本農業遺産に認定されている[3]。これは当地の農民が江戸時代以降、火山灰が降り積もって痩せた土地(関東ローム層)を、落ち葉を発酵させた堆肥を加えることで徐々に肥沃な農地に変えてきたもので、土壌改良は現在も川越芋農家により続けられている[4]

こうした立地条件や歴史を生かして、純然たる都会でも田舎でもない「トカイナカ」を標榜して、地域おこしに取り組んでいる[5][6]

三芳市として単独市制を目指しているが、人口増加には交通面の充実が課題となっている。

地区編集

  • 藤久保

主に住宅地となっており、中央を国道254号(川越街道)が通る。また、淑徳大学埼玉キャンパスが所在する。

  • 竹間沢

町の東部に柳瀬川が流れている。住宅街が多い。最寄り駅は東武東上本線柳瀬川駅またはみずほ台駅で、当地区の一部は柳瀬川駅から徒歩圏内である[7]

  • みよし台

みずほ台駅前の通り沿い。最寄り駅はみずほ台駅。

  • 北永井

畑が多い。

三富新田の一。サツマイモ名物である。

歴史編集

町名は、『伊勢物語』の「三芳野の里」からとられており、洪積台地の原野を「三芳野」という美称で呼んだものだという[8]1889年明治22年)の合併の際に三芳野村とする予定だったが、先行して他に同名の3村が埼玉県内に誕生しており、県から「多すぎる」として変更を求められ、「野」を省き三芳村とした。なお三つの三芳野村は、その後の市町村合併で廃止されている。

江戸時代川越藩が領有していたとされている。また、江戸時代には三芳町は何もない野原で、所沢の住民が作物の収穫用に使っていた。しかしある人が「三芳町に住もう」と思い、開拓された。人が住むためには、水が手に入りにくかったことから砂川堀が作られ、柳瀬川から水を引いた。しかし三芳町は土地が高いため水は来なかった。今は砂川堀は下水として使われており、魚が泳いでいる。

沿革編集

  • 1871年(明治4年)11月14日 (旧暦) - 浦和県忍県岩槻県の3県が合併して埼玉県が誕生。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 入間郡上富村、藤久保村、竹間沢村、北永井村の4村が合併して三芳村が成立。
  • 1970年(昭和45年)11月3日 - 町制施行により、三芳町となる。

人口編集

 
三芳町と全国の年齢別人口分布(2005年) 三芳町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 三芳町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
三芳町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

町長編集

  • 林伊佐雄 (2011年(平成23年)1月14日 - 現職) 2期目 無所属(任期は2019年(平成31年)1月13日まで)

歴代首長編集

行政組織等編集

  • 三芳町役場
    • 藤久保出張所
    • 竹間沢出張所

広域行政編集

一部事務組合
  • 入間東部地区衛生組合 - 富士見市、ふじみ野市、入間郡三芳町で構成。し尿処理、しののめの里火葬場・斎場)を運営。
  • 入間東部地区消防組合 - 富士見市、ふじみ野市、入間郡三芳町で構成し、消防に関する事務を共同で処理している。
事務の委託
  • ふじみ野市(ふじみ野市・三芳町環境センター) - 可燃ごみ処理を委託している。また平成28年10月31日から不燃系粗大ごみの処理にかかる事務を委託している。)

町議会編集

  • 定数16

経済編集

農業編集

  • サツマイモ - 一般に「川越いも」と呼ばれているが、実際に栽培されているのは主に当町である。

リサイクル編集

工業編集

なお、町内には各有名企業の倉庫や流通センターが多く、特に印刷・出版関係が多い(例:楽天ブックス)。

金融機関編集

地域編集

町内の公共施設等編集

  • 保育所
    • 第一保育所
    • 第二保育所
    • 第三保育所
  • 児童館
    • 北永井児童館
    • 藤久保児童館
    • 竹間沢児童館
  • 子育て支援センター
  • 文化会館「コピスみよし」
  • 公民館
    • 中央公民館
    • 藤久保公民館
    • 竹間沢公民館
  • 三芳町立図書館
    • 中央図書館
    • 竹間沢分館
  • 太陽の家
  • ふれあいセンター
  • 保健センター
  • みよし工房
  • 農業センター
  • 総合体育館
  • 運動公園
  • 歴史民俗資料館
  • 清掃工場(平成28年10月28日をもって閉鎖、10月31日よりふじみ野市・三芳町環境センター(ふじみ野市)が稼働。)

教育編集

幼稚園
  • みふじ幼稚園
  • 小鈴幼稚園
  • かみとめ幼稚園
小学校
  • 三芳町立上富小学校
  • 三芳町立三芳小学校
  • 三芳町立藤久保小学校
  • 三芳町立唐沢小学校
  • 三芳町立竹間沢小学校
中学校
  • 三芳町立三芳中学校
  • 三芳町立三芳東中学校
  • 三芳町立藤久保中学校
大学

消防編集

警察編集

自動車検査機関編集

  • 軽自動車検査協会 埼玉事務所所沢支所「(所沢)(川越)ナンバー地域担当」(三芳町北永井)

電話番号編集

市外局番は町内全域が「049」。市内局番が「2XX」の地域との通話は市内通話料金で利用可能(川越MA)。収容局は川越三芳局、埼玉富士見局、大井局。

郵政編集

郵便番号は町内全域が「354-00xx」である。

  • 03054 三芳郵便局風景印あり) - 三芳町全域、富士見市全域の集配を担当
    • 03453 三芳北永井郵便局(風景印あり)
    • 03611 三芳みよし台郵便局(風景印あり)

交通編集

鉄道編集

町内に鉄道路線は無いが、後述のようにみずほ台駅、鶴瀬駅、ふじみ野駅等と路線バスで結ばれているほか、町域の一部は上述のように東武東上本線の駅から徒歩圏内である。かつては鶴瀬駅と当町との間に人車軌道を敷設する計画が存在した(三芳人車軌道)[9]

路線バス編集

タクシー編集

タクシーの営業区域は県南西部交通圏であり、富士見市所沢市飯能市和光市川越市東松山市などと同じである。

道路編集

高速道路
一般国道
  • 国道254号川越街道[12]) - 片側1車線の道路であり、渋滞しやすい(但し、町内は通っていないが富士見川越バイパスが全線開通済みの上、現在は一部しか開通していない和光富士見バイパスが2017年度に全線開通し、同じく町内は通らないものの富士見川越バイパスに接続する予定である)。並木が道路中央に残り、歩道も広く近隣の生活道路の役を果たしている。町役場は西側にかなりそれたところにあり、武蔵野の雑木林が保存されている。川越までは不老川など河川沿いに道路付けがされており、概して平坦である。
  • 国道463号 - 本線であるが「浦和所沢バイパス」と名付けられている(さいたま市浦和区の北浦和駅入口交差点から所沢市)。また、町内全区間及び富士見・新座両市の一部区間(下南畑交差点 - 英IC間)で国道254号のバイパスと重複している。
県道

その他編集

脚注編集

  1. ^ 地域別計画埼玉県(2010年11月閲覧)]
  2. ^ 『広報みよし』平成24年7月号 特集「味良しの味力(みよしのみりょく)」
  3. ^ 武蔵野の落ち葉堆肥農法が日本農業遺産に認定されました三芳町役場(2018年12月14日閲覧)。
  4. ^ 【ぐるっと首都圏 食べる つながる】埼玉・三芳 富の川越いも/美味のもとは堆肥 270年以上続く伝統農法『毎日新聞』朝刊2018年11月29日(首都圏面)2018年12月14日閲覧。
  5. ^ 都会でもない、田舎でもない、トカイナカ 三芳町広報みよし特別号「意外といいね三芳町」(2018年2月27日閲覧)
  6. ^ 【イキイキ地域】埼玉県三芳町/農家と「トカイナカ」発信『日経MJ』2018年2月26日(街づくり面)。
  7. ^ テックランド新座店ヤマダ電機
  8. ^ 『コンパクト版日本地名事典』、吉田茂樹著、新人物往来社、1991年
  9. ^ http://www.lococom.jp/talist/70557/20059070/
  10. ^ 大34(西武バス)バス路線図NAVITIME
  11. ^ 所58-1(西武バス)バス路線図NAVITIME
  12. ^ 『埼玉24明るい町村』(埼玉県町村会)6頁

関連項目編集

外部リンク編集