メインメニューを開く

概要編集

学校法人聖母女学院はキリスト教カトリック系のヌヴェール愛徳及びキリスト教的教育修道会(フランス)が設立したカトリックミッションスクールである。

幼稚園から短期大学までを運営する総合学園であり、学院は京都市伏見区の藤森キャンパスと大阪・香里キャンパスを保有している。

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

  • 1921年大正10年) - フランスよりメール・マリー・クロチルド・リュチニエ(学院創設者)はじめ7人の修道女が来日。
  • 1923年(大正12年) - 大阪市玉造聖母女学院が開学
  • 1925年(大正14年) - 聖母女学院高等女学校開校
  • 1932年昭和7年) - 大阪府寝屋川市に『聖母女学院高等女学校』が移転。聖母女学院小学校開校
  • 1947年(昭和22年) - 聖母女学院中学校開校
  • 1948年(昭和23年) - 聖母女学院高等学校開校
  • 1949年(昭和24年) - 京都市伏見区に聖母学院小学校・中学校開校
  • 1951年(昭和26年) - 同地に聖母学院幼稚園開園
  • 1952年(昭和27年) - 同地に聖母学院高等学校
  • 1960年(昭和35年) - 大阪府枚方市聖母女学院幼稚園開園
  • 1962年(昭和37年) - 大阪府寝屋川市に聖母女学院短期大学開学
  • 1968年(昭和43年) - 京都市伏見区に聖母女学院短期大学の新学科を設置
  • 1981年(昭和56年) - 京都市伏見区に聖母女学院短期大学を統合
  • 1988年(昭和63年) - 寝屋川市の聖母女学院小学校が共学化。
  • 1988年(昭和63年) - 寝屋川市の聖母女学院小学校が、大阪聖母学院小学校に校名変更
  • 2009年平成21年) - 創立90周年記念
  • 2011年(平成23年) - 各学校名称を変更
新校名 旧校名
大阪聖母女学院高等学校 聖母女学院高等学校
大阪聖母女学院中学校 聖母女学院中学校
〈変更無し〉 大阪聖母学院小学校
京都聖母女学院短期大学 聖母女学院短期大学
京都聖母学院高等学校 聖母学院高等学校
京都聖母学院中学校 聖母学院中学校
京都聖母学院小学校 聖母学院小学校
京都聖母学院幼稚園 聖母学院幼稚園

※聖母女学院高等女学校は学制改革で聖母女学院中学校・高等学校に再編成された。

  • 2017年(平成29年) - 大阪・香里キャンパスの各学校名称を変更
新校名 旧校名
香里ヌヴェール学院高等学校 大阪聖母女学院高等学校
香里ヌヴェール学院中学校 大阪聖母女学院中学校
香里ヌヴェール学院小学校 大阪聖母学院小学校

※中学校と高等学校は校名変更と同時に共学化。小学校は1988年に共学化されている。

  • 2018年(平成30年) - 9月に京都市伏見区の京都聖母女学院短期大学を閉学。
  • 2018年(平成30年) - 4月に聖母インターナショナルプリスクールと京都聖母学院保育園とを旧短期大学のマザーホールに開園。

設置校編集

文化財編集

登録有形文化財(国登録)
  • 藤森キャンパス - 第16師団 (日本軍)の敷地の払い下げを受けたもの。本館はの1908年(明治41年)8月に竣工した司令部庁舎の建物を継承、2016年2月25日に、国登録文化財(有形文化財建造物)に指定[2]
  • 香里キャンパス - 1932年(昭和7年)竣工、アントニン・レーモンドによる設計、1997年5月29日に国登録文化財(有形文化財建造物)に指定[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沿革”. 学校法人聖母女学院. 2019年1月28日閲覧。
  2. ^ a b 建物について”. 学校法人 聖母女学院. 2018年9月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集