学生食堂

学校構内に設けられた食堂

学生食堂(がくせいしょくどう)とは、大学短期大学を含む)、専修学校高等学校などの学校構内に設けられた、学生飲食物を提供する食堂。略して学食(がくしょく)とも呼ばれる。

日本の学生食堂編集

 
日本の大学の学生食堂(筑波大学

概要編集

特徴として、カフェテリア方式やセルフサービスによる人件費の軽減や、安価な食材を大量に仕入れるなどの合理的な運営により、比較的安価な飲食物を提供する点が挙げられる事があるが、その一方で外食チェーン店やレストランを導入し「おいしい高級グルメ」を提供する学生食堂もある[1]

「ミールカード」や「ミールチケット」の名称で食堂の年間利用券などを発行している学生食堂もあり、学生の食生活を支えている。東北大学宮城教育大学のように、学生の食習慣の改善を狙って朝食を積極的に提供する大学もある[2]

一般に知られている学生食堂例編集

以下は、主な一覧である。

学生食堂の設置目的編集

学生食堂は、学生に栄養バランスの食事を提供する場である[3]一方で、授業の空き時間などを快適に過ごすための空間としても用いられる。 古くは1938年(昭和13年)、東京都下の繁華街で不良大学生などの取締りが行われ約4000人が検挙。事態を重く見た末次内相は(学生が堕落の原因となるダンスホール麻雀倶楽部、浮薄な外国映画などに行かないよう)学校には当然、食堂と休憩場所を設けるべきだと言及する出来事もあった[4]

欧米の学生食堂編集

 
アメリカにて(バージニア州

ドイツ編集

ドイツでは大学の学生食堂のことをメンザと呼ぶ。

アメリカ編集

アメリカ合衆国の大学の学生食堂はビュッフェスタイルが主流となっている[5]。しかし、学生には余分に盛りつけてしまう傾向があるため、トレーを廃止するトレーレス・ダイニングを導入している大学も多い[5]

全米に知られる学生食堂にスプリングフィールド大学の学生食堂Cheneyがあり、ビュッフェ形式で朝昼晩3食がとれるようになっている[6]。このスプリングフィールド大学の学生食堂では、栄養についての情報、食事の専門的なアドバイス、健康とウエルネスのための季節の話題等を提供している[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ステーキランチ1000円や、フルーツビュッフェ1800円など
  2. ^ 2006年7月3日付配信 河北新報
  3. ^ レシートで栄養チェック”. 全国大学生協連 (2015年). 2022年7月31日閲覧。
  4. ^ 徴兵猶予取り消しも考えると末次内相『東京日日新聞』(昭和13年7月30日)『昭和ニュース辞典第6巻 昭和12年-昭和13年』p72 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  5. ^ a b “トレー廃止で経費節減、米大学の学食で広がる試み”. AFPBB. (2008年8月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/2423578 2018年4月30日閲覧。 
  6. ^ a b 田中一徳. “短期留学生のライフスタイルに関する調査研究―ウエルネスチェックテストの実施結果―”. 國學院大學北海道短期大学部紀要第32巻. 2022年4月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集