宇多川(うだがわ)は、福島県宮城県の県境付近を流れ太平洋に注ぐ河川二級水系宇多川の本流である。

宇多川
宇多川 2007年12月9日撮影
松川浦(写真中央)に注ぐ宇多川
水系 二級水系 宇多川
種別 二級河川
延長 42.6 km
流域面積 106.3 km²
水源 霊山
水源の標高 825 m
河口・合流先 太平洋相馬市
流域 福島県宮城県
テンプレートを表示

地理編集

福島県相馬市伊達市境界の霊山標高825m)に源を発し東に流れ、宮城県との県境に建設された松ヶ房ダム(宇多川湖、相馬市と宮城県伊具郡丸森町との境)に流入する。再び相馬市内に戻り、阿武隈高地渓谷で同じく霊山を水源とする玉野川を合わせ、松川浦を経て、相馬市尾浜で太平洋注ぐ。

福島市と相馬市を連絡する国道115号は宇多川-玉野川沿いを通る。

災害編集

  • 2019年10月12日 - 令和元年東日本台風(台風19号)の集中豪雨により水位が上昇。午後9時10分頃、福島県相双建設事務所より相馬市北飯渕(左岸)、相馬市今田(右岸)付近より氾濫が起きたことが発表された[1]。上記に加え相馬市南飯渕(右岸)でも堤防の決壊が確認された。

流域の自治体編集

福島県
相馬市
宮城県
伊具郡丸森町
福島県
相馬市

支流編集

  • 玉野川
  • 横川

主な橋梁編集

河川施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 福島県宇多川で氾濫発生”. tenki.jp (2019年10月12日). 2019年10月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集