福島県道394号相馬新地線

日本の福島県の道路

福島県道394号相馬新地線(ふくしまけんどう394ごう そうましんちせん)は、福島県相馬市から同県相馬郡新地町に至る一般県道

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
福島県道394号標識
福島県道394号相馬新地線
陸前浜街道
陸上区間 9.9km
起点 福島県相馬市程田
終点 福島県相馬郡新地町駒ヶ嶺
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0006.svg国道6号

Japanese National Route Sign 0115.svg国道115号
Japanese National Route Sign 0113.svg国道113号

テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

路線概要編集

相馬バイパスと並行する国道6号の旧本線区間である。2017年4月1日国土交通省から福島県へ移管されるのに伴い新たに県道として指定された[1]

道路施設編集

百槻橋(相馬市)

南詰は中野字寺前、北詰は中村字砂子田に位置し、二級河川宇多川を渡る。橋上は上下対向2車線で供用されており、上り線側に歩道が設置されていたが、下り線側の歩行者の安全性向上のために側道橋が建設され、2017年8月10日に開通した[3]

通過する自治体編集

  • 福島県
    • 相馬市
    • 相馬郡新地町

接続路線編集

沿線編集

脚注編集

  1. ^ 国道6号久之浜バイパス、相馬バイパスに並行する現道区間が平成29年4月1日に国の管理から福島県の管理になる予定です。 (PDF) - 2016年1月6日掲載 福島県。
  2. ^ 百槻橋1964-2-1 - 土木学会附属土木図書館
  3. ^ はらまちロードNOW 第84号 - 国土交通省磐城国道事務所

関連項目編集