宇敷赳夫

台湾総督府の建築技師

宇敷 赳夫(うしき たけお、1891年明治24年)7月24日[1] - 没年不明)は兵庫県出身の土木技術者台湾総督府の技師として[2]日本統治時代台湾で様々な公共建築物を手がけた。

経歴編集

明治24年に姫路市で出生[1]、本籍地は同県神戸市上筒井通[1]。兵庫県立第一神戸中学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)を経て[1]

  • 1916年(大正5年)、名古屋高等工業学校(現在の名古屋工業大学)建築科卒業[1]
  • 1917年(大正6年)7月、台湾総督府民政部土木局技手[3]
  • 1923年(大正12年)1月、新竹州内務部土木課技手。2月、同土木技師[3]
  • 1926年(大正15年)8月、台南州土木技師[3]
  • 1929年(昭和4年)12月、総督府交通局鉄道部改良課技師[3]
    • 1932年(昭和7年)1月より鉄道部工務課兼務[3]
    • 1933年(昭和8年)7月より鉄道部自動車課兼務[3]
  • 1941年(昭和16年)5月、病を理由に高等官を依願退職[4]

総督府の技師として以外にも当時の民間組織『台湾建築會』で井手薫などとともに常議員を務めていた[5](p69)

受章編集

主な作品編集

関東大震災(1923年)や新竹台中地震(1935年)を経た耐震強化など、当時の設計思想の変化を盛り込んだ簡素な設計を多く採用している。多くの建築物が木造建築から鉄筋コンクリートで再建される課程で宇敷が担当した物件は以下の通り。下記の年代は建築物の竣工年。

震災復旧に関わったとされている建築物編集

鉄道部工務課の小山三郎の指揮の元で建築係長として[14](p52)、以下の駅舎再建に携わったとされている[14](p69)

ギャラリー編集

     
嘉義郡役所 新竹州図書館 台鉄二水駅
     
竣工間際の台北鉄道工場 台鉄嘉義駅前站 台鉄台南駅前站
   
台鉄泰安旧駅 3代目台鉄台北駅

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 台灣人士鑑. 台湾新民報社. (1937年). p. 21. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=008_001_0000349522  国家図書館
  2. ^ 查詢結果 宇敷赳夫”. 臺灣史研究所臺灣總督府職員錄系統. 中央研究院. 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 唐澤信夫 (1937-06-23). 臺灣紳士名鑑. 新高新報社. p. 171. http://mhdb.mh.sinica.edu.tw/mhpeople/bookimage.php?book=TM&uuid=7EE7F75C-71D6-4E65-A52D-ED66810DD2AB  中央研究院近代史研究所近現代人物資訊整合系統
  4. ^ a b 鉄道局技師滝淵実烈外四名任免並官等陞叙ノ件○台湾総督府交通局技師宇敷赳夫任免、陸軍教授秋田玄務官等陞叙並免官、判事海老原一外一名官等陞叙”. 国立公文書館 (1941年5月24日). 2020年2月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g (繁体字中国語)卓銀永、柏雅馨、卓盈劭. “國定古蹟臺南火車站之建築歷史研究”. 臺鐵資料季刊 TAIWAN RAILWAY. JOURNAL. 台灣鐵路管理局. pp. 61-78. ISSN 1011-6850. https://www.railway.gov.tw/tra-tip-web/tip/file/d8e7b68d-7972-4800-ab55-8824da118eca 
  6. ^ (繁体字中国語)魚夫. “嘉義人的有驚無京之歎──重繪嘉義郡役所”. 天下雑誌中国語版獨立評論. 2020年2月1日閲覧。
  7. ^ (繁体字中国語)“閒置近34年 市定古蹟新竹州圖書館私產將活化”. 自由時報. (2018年6月21日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2465063 
  8. ^ (繁体字中国語)陳柏良 (2019年3月). “日治時期公共圖書館建築設計變遷”. 臺灣學通訊 (国立台湾図書館) (第110期/公共建築(三之一)─官署建築): 17. ISSN 1999-1851. https://www.ntl.edu.tw/public/Attachment/93189141154.pdf. 
  9. ^ 林裕昌, 松村秀一, 井上朝雄「日本と台湾におけるRC構法の土着化過程に関する比較研究」『日本建築学会計画系論文集』、日本建築学会、2002年11月、 159-165(p.163)、 doi:10.3130/aija.67.159_5ISSN 1340-4210
  10. ^ (繁体字中国語)雲林縣 北港鎮 笨港媽祖文教基金會. “北港地名起源”. 台灣社區通. 中華民国文化部. 2020年2月22日閲覧。
  11. ^ a b (繁体字中国語)魚夫中国語版 (2017年4月18日). “台灣人的火車小史——七大經典火車站賞析 (上)”. 民報 Taiwan People News. https://www.peoplenews.tw/news/b9893cb4-58db-4797-920a-cf30c6e9f2ad 
  12. ^ 片倉佳史 (2011年5月). “台北駅周辺の歴史”. 交流 (公益財団法人日本台湾交流協会) (vol.842): 頁35. ISSN 0289-9191. https://www.koryu.or.jp/Portals/0/images/publications/magazine/2011/5/koryu2011.05.pdf. 
  13. ^ (繁体字中国語)閻亞寧 (2016年4月). 舊嘉義菸葉廠歷史沿革調查研究計畫 (Report). 中国科技大学. p. 16. http://192.192.83.167/bitstream/987654321/1567/2/%E8%88%8A%E5%98%89%E7%BE%A9%E8%8F%B8%E8%91%89%E5%BB%A0%E6%AD%B7%E5%8F%B2%E6%B2%BF%E9%9D%A9%E8%AA%BF%E6%9F%A5%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%A8%88%E7%95%AB.pdf 2020年2月1日閲覧。. 
  14. ^ a b (繁体字中国語)劉可強 (2003年12月). 臺中縣縣定古蹟縱貫鐵路舊山線泰安車站調查研究暨修復計畫. 臺中縣文化局. pp. 69-70. ISBN 9789860108538. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_001_00000669 

関連項目編集