メインメニューを開く

安藤 孝子(あんどう たかこ、1937年11月26日[1] - )は元祇園甲部芸妓で、日本テレビ系列の深夜番組『11PM』の藤本義一の初代アシスタントを務めた。芸妓名は『孝千代』(たかちよ)であった。

目次

経歴編集

大阪市南区(現・中央区宗右衛門町の生まれで、4歳の頃京都市に引っ越した。

10代で祇園甲部芸妓、貝田孝江(かいだ たかえ)の妹分として店出し(芸妓、舞妓の披露)、舞妓、芸妓時代を経て、タレントに転身。『11PM』の初代アシスタントとして火曜日、木曜日(よみうりテレビ制作)の担当を務めた。現在、飲食店を経営している。

タレントとしての活動編集

テレビ出演(『11PM』以外)編集

映画編集

音楽編集

  • 「京おんな」(日本クラウン、1966年。作詞:藤本義一、作曲・編曲:山下毅雄。CD『早すぎた奇才 山下毅雄の全貌/MISSION5~未発掘編』収録)

書籍編集

  • 『異例聞どすぇ』(1966年、ルック社
  • 『こんばんわ11PMです』ルック社, 1968

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ allcinema(外部リンク)参照

外部リンク編集