メインメニューを開く

京まんだら』(きょうまんだら)は、瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)の小説。1971年から1972年にかけて『日本経済新聞』に連載された。また、1975年に同名でテレビドラマ化された。

目次

概要編集

テレビドラマ編集

1975年3月31日から6月27日にかけて、毎日放送が制作し、TBS系列で放送された(後に『妻そして女シリーズ』と呼ばれた帯ドラマシリーズの第1作)。全13週、65回。

キャスト編集

 

スタッフ編集

毎日放送(MBS) 妻そして女シリーズ
前番組 番組名 次番組
(枠設立前につき、なし)
京まんだら
毎日放送(MBS) 平日13:30 - 13:45枠
13時ショー
※13:00 - 13:55
【この番組までNET製作、
ABCに番組移行、開始時刻を15分繰り下げて継続】
京まんだら
女の日時計
TBS系列(東日本地区) 平日13:30 - 13:45枠
シャボン玉プレゼント
【この番組までABC製作、
NET系列に番組移行】
京まんだら
【この番組よりMBS製作】
女の日時計
TBS系列(西日本地区) 平日13:30 - 13:45枠
花王 愛の劇場妻と女の間
※13:15 - 13:45
【この番組までTBS製作、
15分繰り上げて同時ネットに移行】
京まんだら
【この番組よりMBS製作】
女の日時計