メインメニューを開く

宍戸 常寿(ししど じょうじ、1974年9月 - )は、東京都出身の法学者東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は憲法、情報法。

目次

略歴編集

著作編集

単著編集

共著編集

論文編集

  • 「公共放送の『役割』と『制度』」(ダニエル・フット長谷部恭男編『超える境 融ける法4』東京大学出版会,2005年)141-164頁
  • 「法秩序における憲法」(安西文雄ほか『憲法学の現代的論点』有斐閣,2006年)29-58頁
  • 「憲法上の権利の解釈枠組み」(安西文雄ほか『憲法学の現代的論点』有斐閣,2006年)203-231頁

判例評釈編集

  • 「名誉毀損と事前差止め」(最大判昭和61年6月11日民集40巻4号872頁、メディア判例百選148-149頁、2005年)
  • 「青少年保護育成条例による淫行禁止」(最大判昭和60年10月23日刑集39巻6号413頁、地方自治判例百選56-57頁、2003年)
  • 「国家賠償責任の免除・制限と憲法17条」(最大判平成14年9月11日民集56巻7号1439頁、憲法判例百選292-293頁、2007年)
  • 「国会議員が国会の質疑等の中でした発言と国家賠償請求」(最大判平成9年9月9日民集51巻8号3850頁、法学協会雑誌116(4・199)681-696頁)

外部リンク編集