宗国 旨英(むねくに よしひで、1938年昭和13年)9月21日 - )は、日本の実業家。元本田技研工業会長、元日本自動車工業会会長。

略歴編集

広島県庄原市出身。1961年法政大学経済学部を卒業し、1966年本田技研工業に入社する。米国法人アメリカンホンダモーター社長などを経て、1984年取締役1987年常務1989年に代表取締役専務1990年に代表取締役副社長に就任する。1997年6月から代表取締役会長に就任し、退任後、特別顧問を務める。2002年5月、ホンダ出身者で初めて日本自動車工業会会長に就任する。

同年日本自動車研究所理事長[1]

人物編集

北米におけるホンダブランド確立し、また早くから中国市場開拓を強力に推進する。また、2004年カルロス・ゴーンと共に法政大学から名誉博士を授与され、2007年知財功労賞(経済産業大臣表彰)を受賞する。全国二輪車安全協会会長、明治安田生命保険社外取締役自動車会議所顧問などを歴任し、米国法人アメリカンホンダモーター社長の経験を生かし、現在は国際派の経済人として活躍している。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考編集


先代
N/A
本田技研工業会長
第5代:1997年 - 2004年
次代
青木哲
先代
奥田碩
日本自動車工業会会長
第10代:2002年 - 2004年
次代
小枝至
先代
奥田碩
日本自動車研究所理事長
第7代:2002年 - 2004年
次代
小枝至