室賀 信夫(むろが のぶお、1907年12月21日1982年2月15日[1])は、日本の地理学者

経歴編集

東京生まれ。1933年京都帝国大学文学部史学科卒業[2]、38年同文学部講師、43年助教授。敗戦後、46年に辞職。61年「仏教系世界図の地図学史的研究」で京都大学文学博士。67年東海大学教授。73年定年退任。筆名・須見五郎。

著書編集

  • 『英国の東亜拠点シンガポール』朝日新聞社 1941 
  • 『昭南島』朝日新聞社 1942 
  • 『アメリカ国土論』三明社 1949
  • 『日本人漂流ものがたり』毎日新聞社 1954 のち『日本人漂流物語』新学社文庫
  • 『古地図抄 日本の地図の歩み』東海大学出版会 1983 

共編著編集

翻訳編集

参考編集

  • 後藤慶太「古地図に潜む世界観 室賀博士と室賀コレクション」:[1]

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 京都帝国大学一覧 昭和8年』 京都帝国大学、1933年、455頁。 

外部リンク編集