赤坂御用地の鮫が橋門。御用地には秋篠宮邸があり、皇嗣職が入る

皇嗣職(こうししょく)は、宮内庁内部部局のひとつ。皇嗣秋篠宮文仁親王)・皇嗣妃(同妃紀子)およびその未婚の王子女[1]秋篠宮家)の家政機関。

天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき、2019年令和元年)5月1日東宮職に代わって新設された。

事務編集

宮内庁組織令附則第5条[2]  
  皇嗣職に、皇嗣職宮務官十人及び皇嗣職侍医三人を置く。
2 皇嗣職宮務官は、命を受けて、皇嗣及び皇嗣妃の侍側奉仕のことを分掌する。
3 皇嗣職宮務官のうち、宮内庁長官の定める一人は、命を受けて、皇嗣職の庶務をつかさどる。
4 皇嗣職侍医は、命を受けて、皇嗣、皇嗣妃及び皇嗣の子たる皇族に関する医事を分掌する。

職員編集

皇嗣職大夫(東宮職における東宮大夫に相当)
宮内庁皇嗣職の長。皇嗣職の事務を掌理する。給与は東宮大夫と同じく指定職6号俸と同等[3]
皇嗣職宮務官長(東宮職における東宮侍従長に相当)
皇嗣及び皇嗣妃の側近奉仕のことを総括・掌理する。皇嗣職宮務官を監督する。
皇嗣職宮務官(東宮職における東宮侍従および東宮職事務主管(宮内庁長官から指定された東宮侍従の役職)に相当)
皇嗣及び皇嗣妃の侍側奉仕のことを分掌する。なお、宮内庁長官が指定する者は皇嗣職の庶務をつかさどる「皇嗣職事務主管」という。
皇嗣職侍医長(東宮職における東宮侍医長に相当)
皇嗣、皇嗣妃及び皇嗣の子たる皇族に関する医事を総括する。
皇嗣職侍医(東宮職における東宮侍医に相当)
皇嗣、皇嗣妃及び皇嗣の子たる皇族に関する医事を分掌する。

脚注編集