メインメニューを開く

宮司正毅

宮司 正毅(みやじ まさき、1943年3月16日 - )は、日本の企業役員、政治家。北海道当別町長。三菱商事顧問、当別町議会議員などを務めた。

経歴編集

1943年3月16日、福岡県生まれ[1]1965年早稲田大学商学部卒業後、三菱商事に入社。南アフリカヨハネスブルグ支店長、欧州三菱商事会社社長、三菱商事常務執行役員を務め、2004年に三菱商事顧問に就任[1][2]。アフリカ諸国の開発事業に長く関わってきた[2]。2008年に退職[1]

また、南アフリカ、タンザニアナイジェリアガーナナミビアの各大統領経済・投資諮問委員会委員[1]国際連合「アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)」支援委員会委員[2]を務めている。2007年に在北海道南アフリカ共和国名誉領事、国際協力機構客員専門員に就任[2]。NPO法人マナーキッズ副理事長[1]も務めていた。2011年に北海道当別町議会議員に当選[1]2013年7月に元町議の渋谷俊和を破り無所属で町長に当選した[1]

人物編集

趣味はテニス、空手、ゴルフである[1]日本空手協会当別支部永年会員[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 当別町役場 (2013年). “当別町 : 町長の部屋”. 2013年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 国際協力機構 (2008年5月). “特集 元気なアフリカ Part2 新たな成長へのチャレンジ”. 2013年9月2日閲覧。
  3. ^ 日本空手協会 (2013年). “北海道当別支部 宮司正毅様が町長選挙に当選されました。”. 2013年9月2日閲覧。