宮崎銀行

日本の宮崎県宮崎市にある地方銀行

株式会社宮崎銀行(みやざきぎんこう、: The Miyazaki Bank Ltd.)は、宮崎県宮崎市に本店を置く中位の地方銀行である。宮崎県の指定金融機関。

株式会社宮崎銀行
The Miyazaki Bank Ltd.
The Miyazaki Bank logo.svg
Miyazaki Bank Main.jpg
本店
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 8393
1986年10月1日上場
福証 8393
1975年10月3日上場
略称 宮銀
本社所在地 日本の旗 日本
880-0805
宮崎県宮崎市橘通東四丁目3番5号
設立 1932年(昭和7年)7月27日
(日向興業銀行)
業種 銀行業
法人番号 4350001001677 ウィキデータを編集
金融機関コード 0184
SWIFTコード MIYAJPJT
事業内容 銀行業
代表者 代表取締役頭取 平野亘也
資本金 146億97百万円
(2018年3月31日現在)
発行済株式総数 1億7,633万3千株
(2018年3月31日現在)
売上高 連結:542億22百万円
単体:484億16百万円
(2018年3月期)
経常利益 連結:128億94百万円
単体:133億49百万円
(2018年3月期)
純利益 連結:87億70百万円
単体:94億10百万円
(2018年3月期)
純資産 連結:1,464億53百万円
単体:1,455億50百万円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結:2兆9,665億45百万円
単体:2兆9,563億37百万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 単体:1,388人
連結:1,535人
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 宮崎銀行従業員持株会 2.90%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)2.75%
日本生命保険 2.62%
福岡銀行 2.59%
明治安田生命保険 2.49%
鹿児島銀行 2.19%
CBNY DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO(常任代理人シティバンク銀行) 2.05%
肥後銀行 2.04%
日本トラスティ・サービス信託銀行 (信託口4)1.75%
三井住友銀行 1.69%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 #関連会社参照
関係する人物 井上信一(元頭取)、小池光一(元頭取)
外部リンク http://www.miyagin.co.jp/
テンプレートを表示
宮崎銀行のデータ
法人番号 4350001001677 ウィキデータを編集
店舗数 支店79、出張所17
貸出金残高 1兆5,490億64百万円
預金残高 1兆9,325億1百万円
特記事項:
(2014年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要

本店をおく宮崎県内をはじめ、県外では鹿児島県に鹿児島営業部を設置する他4か店を置くなど、地盤として重視している。また、大分県、熊本県、福岡県、大阪府、東京都にも各1店舗を開設している。このうち熊本支店と東京支店は空中店舗とされている。

2007年(平成19年)7月以降、個人特化型の店舗として、「みやぎんほっと」を展開している。

歴史

宮崎県には当行の設立以前に日向中央銀行や宮崎銀行(旧)といった銀行が存在したが、1930年代はじめの不況に際して経営が破綻したため、救済策として県が出資する形で発足した[2]

沿革

  • 1932年(昭和7年) 7月 - 日向興業銀行として設立(資本金2百万円)。
  • 1933年(昭和8年)12月 - 延岡銀行(旧第百四十五国立銀行)と合併[3]
  • 1962年(昭和37年)8月 - 宮崎銀行に商号変更。
  • 1971年(昭和46年)8月 - 新本店落成。
  • 1973年(昭和48年)1月 - 預金オンライン開始。
  • 1975年(昭和50年)10月 - 福岡証券取引所上場。
  • 1982年(昭和57年)
    • 5月 - 事務センター竣工。
    • 10月 - 新総合オンラインシステム―MACS―稼動開始。
  • 1986年(昭和61年)9月 - 東京証券取引所および大阪証券取引所に上場。
  • 2001年(平成13年)1月 - 新総合オンラインシステム稼動開始。
  • 2008年(平成20年)5月 - 本店別館開設。
  • 2011年(平成23年)1月4日 - 「じゅうだん会共同版システム」稼動開始[4]

自動機サービス

地域金融機関との提携

ATMでは、「九州ATMネットワーク」により、福岡銀行筑邦銀行佐賀銀行十八親和銀行(旧十八銀行・旧親和銀行)・肥後銀行大分銀行鹿児島銀行西日本シティ銀行のカードによる出金については自行扱いとなる。

コンビニATM

セブン銀行と提携しており、全国の同行ATMで入出金が可能である。また、2009年(平成21年)12月7日より、イーネットによる共同コンビニATMサービスを開始した。

CMソング

CMソングになっている「夢に逢いに行こう」が、「秘密のケンミンSHOW 秋の大カミングアウト収穫祭」の「ケンミンのヒットソング」で取り上げられた。スタジオ出演していた東国原英夫知事(当時)は、「これを聞くと癒されますね」、「ぐっすり眠れます」とコメントしている。

歌っているのは、プロではなく行員で結成されたアカペラグループである。番組内でこの歌は宮崎県民なら誰でも歌えると紹介された。これは地元マスコミでこのCMソングが頻繁に流れていることが一因であるとされる。

関連会社・財団

ギャラリー

不祥事

  • 経営企画部、鹿児島南支店、審査部に勤務していた男性行員(46歳)が、2011年11月から2019年11月にかけ、投資信託取引残高報告書の偽造(被害額2,000,000 円)、定期預金証書改ざん(被害額 20,000,000 円)、融資金の着服(被害額 22,609,200 円)、定期預金証書の偽造(被害額 69,000,000 円)を行い総額1億1,360万9,200円を着服していた。2020年1月10日付で懲戒解雇処分[5]。この不正は2019年11月12日に外部から情報提供があり、銀行で内部調査した結果明らかになったものだが、男性行員は11月19日病気を理由に欠勤していて、その後、消息がつかめない状況の中、12月2日には複数の顧客から預金を詐取したことも判明。元男性行員は3月14日、宮崎市内のコンビニで「91円の炭酸水」を万引きして逮捕された。それまで逃亡生活を続けていた[6]
  • 門川支店に勤務していた女性行員(30歳)が2018年4月から2019年11月にかけてカードローン融資金の着服(被害額343,666円)、普通預金の着服(被害額10,500 円)、投資信託購入資金および解約金の着服(被害額 1,892,286 円)、個人年金保険解約金の着服(被害額 9,138,795 円)を行い総額1,138万5,247円を着服していた。2020年1月17日付で懲戒解雇処分[5]。同時期に2名の行員による不祥事案が発表された。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 組織図 - 株式会社宮崎銀行
  2. ^ 進藤寛「昭和恐慌期における県是銀行の設立 (PDF) 」『茨城大学政経学会雑誌』No.55、1988年。本論文によると、岩手銀行群馬銀行も同様の経緯で発足した銀行である。
  3. ^ 日向興業銀行十年史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ “年末年始利用し地銀3行が勘定系刷新、順調に稼働”. 日経コンピュータ. (2011年1月4日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110104/355777/ 2014年5月28日閲覧。 
  5. ^ a b 不祥事件の発生について ”. 株式会社 宮崎銀行 2020 年 1 月 22 日. 2020年7月21日閲覧。
  6. ^ 1億円着服!銀行員の「120日間逃亡生活」(1)被害女性が語った騙しの手口”. Asagei Biz 2020年4月12日 10:00. 2020年8月16日閲覧。

外部リンク