富山市芸術文化ホール

富山市芸術文化ホール(とやましげいじゅつぶんかホール、: AUBADE HALL)は、富山県富山市牛島町にあるホール通称オーバード・ホール。「セレナーデ」(serenade)が「小夜曲」なのに対して、「オーバード」は「朝の歌」「夜明けの音楽」[1]の意味。

富山市芸術文化ホール
(オーバード・ホール)
AUBADE HALL

Aubade Hall.jpg

オーバード・ホール(中央)とアーバンプレイス(右側)
情報
通称 オーバード・ホール
正式名称 富山市芸術文化ホール
完成 1996年
開館 1996年9月22日
収容人員 2200人
客席数 1,2階席(車椅子席8席含む):1,156席
3階席:316席
4階席:346席
5階席:382席
オーケストラピット使用時:2,066席
5階席遮断時:1,818席
オーケストラピット使用時・5階席遮断時:1,684席
設備 ホワイエ(大階段)、ハイビジョンシアター
施設:とやま高度情報センター、キューズカフェ、アスネットカウンター
用途 コンサート全般
運営 富山市民文化事業団
所在地 富山県富山市牛島町9番28号
位置 北緯36度42分13.1秒 東経137度12分46.9秒 / 北緯36.703639度 東経137.213028度 / 36.703639; 137.213028座標: 北緯36度42分13.1秒 東経137度12分46.9秒 / 北緯36.703639度 東経137.213028度 / 36.703639; 137.213028
アクセス JR富山駅富山ライトレール富山駅北停留場下車
外部リンク AUBADE HALL
テンプレートを表示

概要編集

富山駅周辺の再開発の一環で1990年1月1日までに計画がまとめられ[2]1991年10月18日に牛島地区に建設が決定[3]1994年5月20日に着工し[4]1995年10月30日に通称が「オーバード・ホール」決定[1]1996年6月28日に本体工事が完工し[5]、隣接(内部で接続)するアーバンプレイスとともに1996年9月22日に杮(こけら)落としがなされた[6]

当時、老朽化が進行していた富山市公会堂の後継施設である。4層5階、総客席数2,200席の規模は、北陸地方はもとより本州日本海側で最大級のホールである。コンサートや演劇、学会などに幅広く利用されており、優良ホール100選に選ばれている。客席は1,650席から2,200席まで3タイプに可変する。また、観客より見える主舞台の左右、奥にも舞台があり、上手舞台(客席から見て右側)が狭い総面積約2000平方メートルの「3面半舞台」と呼ばれる舞台が最大の特長である。この舞台セットの下手舞台(客席から見て左側)と奥の舞台は可動式で、高さも最大で27メートルあり、大きな舞台セットをそのまま素早く転換できるなど、幅広い演出に対応できる。なお全国で8施設のホールが加盟する「多面・大規模舞台劇場協議会」加盟施設である[7]

その他、250インチスクリーンハイビジョン映像・サラウンド音響システムを備えた、客席数66席の(車椅子席2席を含む)「ハイビジョンシアター」を併せもつ。

2012年5月に音響・照明・舞台設備の改修工事を行い、リニューアルオープンをしている。

ホール内での携帯電話等の通信機器使用を制御するため、ホール内に通信機能抑止装置を採用している

交通編集

周辺の主な施設・店舗編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)735頁。
  2. ^ 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)721頁。
  3. ^ 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)723頁。
  4. ^ 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)732頁。
  5. ^ 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)738頁。
  6. ^ 『富山市史 編年史<上巻>』(2015年3月20日、富山市発行)739頁。
  7. ^ 『夜明けその先へ オーバード・ホール 開館25周年 上 全国屈指の財産生かす』北日本新聞 2021年9月3日11面

関連項目編集

外部リンク編集