富沢幹雄

日本の将棋棋士

富沢 幹雄(とみざわ みきお、改名前は富沢伝助1920年4月20日 - 1998年1月10日)は、将棋棋士山本樟郎八段門下。棋士番号は34。福島県生まれ。

 富沢幹雄 八段
名前 富沢幹雄
生年月日 (1920-04-20) 1920年4月20日
没年月日 (1998-01-10) 1998年1月10日(77歳没)
プロ入り年月日 1943年4月1日(22歳)(四段)
棋士番号 34
出身地 福島県
師匠 山本樟郎八段
段位 八段
戦績
2017年8月22日現在
テンプレートを表示

人物編集

アマチュア名人戦の東北代表となり[1]棋界への道を進む。

1943年に四段となり、4年目に第1期(1946年度)順位戦が行われ、富沢はC級で戦う。

第4期(1949年度)C級甲組順位戦で、5勝3敗の成績ながら東の9名中2位となり、B級へ昇級(棋士人生で唯一の昇級)。第7期(1952年度)からB級が2つに分割され、富沢はB級2組に振り分けられる。

1951年7月から病気休場し、その頃に伝助から幹雄に改名する。休場は長引き、復帰は1958年であった。以降30年以上にわたって指し続けるが、1992年度、1993年度を休場し、1994年に引退。

山田道美関根茂宮坂幸雄と研究会を行い、将棋界の研究会の元祖の一人とされる。

1998年1月10日、肺炎のため死去。享年77。

古棋書や御城将棋棋譜に精通し、日本将棋連盟の古棋書復刻事業で編纂相談委員を務めた[1]

棋風編集

矢倉角換わり相掛かりが多い居飛車党で、時折、中飛車も指した。

対振り飛車で、「富沢キック」とよばれるポンポン桂戦法で知られる。また、のちにゴキゲン中飛車と呼ばれる戦法を最初に指したのも富沢と言われる。

駒損をいとわない攻めを、中盤戦から見せることが度々あった。

初手に▲1六歩と突いてから後手番の相掛かりのようにする指し方が見られた。

昇段履歴編集

表彰編集

  • 現役勤続50年表彰(1992年)

放送編集

脚注編集

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目編集

外部リンク編集