メインメニューを開く

富良野塾(ふらのじゅく)は、北海道富良野市に存在した私塾脚本家俳優の志望者たちのため二年制養成所

目次

概要編集

1984年に脚本家の倉本聰が私財を投じて開設した脚本家俳優の養成施設。2年間共同生活をしながら、脚本の創作や俳優としての稽古をする。授業料は無料だが、地元農家から依頼される農作業で生活費を稼いでいる。2010年4月4日、25期生卒塾をもって閉塾。卒業生は380名を数えた。

閉塾後編集

富良野塾の活動は、2006年より活動を開始した卒塾生による演劇創作集団「富良野GROUP」によって継承されている。

また、富良野塾の卒塾生で富良野を活動拠点とする俳優・スタッフによって2009年に演劇集団「富良野塾OBユニット」が結成され、富良野GROUP公演に参加する一方で、独自の作品作りや、演劇を通したワークショップ、コミュニケーション能力の向上、学校演劇鑑賞会用のパントマイム劇などを開催している。

富良野塾の出身者編集

一期生編集

二期生編集

三期生編集

四期生編集

五期生編集

六期生編集

八期生編集

九期生編集

十一期生編集

十三期生編集

十九期生編集

その他編集

参考編集

外部リンク編集