メインメニューを開く

友澤 晃一(ともざわ こういち、1961年4月19日 - )は、日本脚本家演出家、演技講師。東京都出身。 芸能プロダクション及び舞台制作会社であるT1projectの代表。

経歴編集

1984年脚本家倉本聰が主宰した富良野塾に一期生として入塾。[1]

1986年博品館劇場にて倉本聰作・演出の舞台『昨日悲別で』に出演。 同年、倉本聰脚本・監督の映画『時計』で助監督を務める。 フジテレビにてドラマのプロット書きやADを務める。

1987年から、フリーにてテレビのドキュメンタリー番組・企画VP等の構成およびADを務める。

1988年、第二回青山円形劇場脚本コンクールに入選 [2]。同年4月からテレビ東京レール7』の構成・演出を担当。89年12月まで続け、約8分のコーナーを120本余り制作する。

1990年4月、テレビドラマ『トップスチュワーデス物語』(TBS)にて脚本家デビュー。

1991年1月シアターモリエールでのミュージカル『ダンスマン』で舞台の初脚本・初演出を担当。

1997年日本テレビシナリオセンターで特別講師を務める。

1998年12月音楽家玉麻尚一とミュージカル制作のプロジェクト「T2project」を立ち上げる。 1999年4月にT2projectとして初作品ミュージカル『LETTER』を上演する。

2001年より「T1project」の名称で俳優に演技を教え始める。 同年、土曜ワイド劇場津軽海峡に消えた女』で脚本を担当すると同時に初監督を務める。

2003年4月に、T1projectとしての初作品『UNDER LOVE』を上演する。 同年10月からエイベックス・アーティスト・アカデミーでタレントの卵たちに演技を教え始める。

2006年論創社より独自の演技論をまとめた著書『演技核心論』を出版。 同年4月からエイベックス・アーティスト・アカデミーで子供に演技を教え始める。

2010年集英社新書より『演じる心、見抜く目』出版。

2014年2月本多劇場グループ小劇場B1こけら落し公演『君の心に残るもの』の脚本・演出を担当。 [3]

毎年、幾つもの舞台やテレビドラマの脚本・演出を手がけている。

小説家の吉屋信子は大叔母にあたる。

主な作品編集

ドラマ脚本編集

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2007年

2009年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

舞台(脚本・演出)編集

  • ミュージカル『ダンスマン』(1991年1月、シアターモリエール・1992年1月、博品館劇場
  • 南青山少女歌劇団『マーガレット戦争』(1995年4月、草月ホール、脚本のみ)
  • 南青山少女歌劇団『聖歌物語』(1995年8月~11月、日本青年館近鉄劇場、脚本のみ)
  • 映画音楽家・梅林茂演出作品『蠅』(1997年9月、シアターモリエール、脚本のみ)
  • 広井王子原作ミュージカル『サクラ大戦』(1998年4月~5月、銀河劇場シアタードラマシティ、脚本のみ)
  • T2projectミュージカル『LETTER』(1999年4月、セッションハウス・2000年1月、シアターTOPS・2002年6月、博品館劇場)
  • 荒川区民オペラ『カルメン』(2000年7月、サンパール荒川)
  • T2projectミュージカル『BROKEN HEART』(2002年1月、博品館劇場)
  • T2project『BROKEN HEART 2003』(2003年1月、博品館劇場)
  • T1project『UNDER LOVE』(2003年4月、劇場MOMO)
  • dreamのライブでミュージカル構成(2003年5月、日本青年館)
  • ロンドン/ブロードウェイ・ミュージカル『サタデーナイトフィーバー』(2003年8月コマ劇場)日本版を演出。
  • dream主演ミュージカル『ID』(2004年3月、シアターアプル)
  • T1project『Come to oneself』(2004年5月、中野ザ・ポケット)
  • EXILE楽曲ミュージカル『BEAT POPS ファイティングガールズ』(2004年8月、台場スタジオドリームメーカー
  • T1project『LINK』(2005年4月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『動物園』(2006年1月、下北沢「劇」小劇場)
  • T2project『MESSAGE』(2006年3月、吉祥寺シアター)
  • T1project『13』(2006年5月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『シーチキンサンライズ』(2007年1月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『いま幸せです』(2007年7月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『私が今この世界に生きていることを』(2007年10月、中野ザ・ポケット)
  • T1projecct『私が今この世界に生きていることをII ストリート・オブ・アクター』(2008年4月、中野ザ・ポケット)
  • ダイアモンド☆ドッグス・ストレートプレイ『LAST SCENE』(2008年6月、シアターグリーン・ビックツリー)
  • SHIMIN劇場Ⅱ『あなたがいるから』(2008年6月、シアターイワト、脚本のみ)
  • T1project『IDクライシス』(2008年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『人間合格!!』(2008年9月、下北沢「劇」小劇場、演出のみ)
  • T1project『シーチキンサンライズ09』(2009年3月、萬劇場
  • T1project『リセット』(2009年4月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『バッドデイ オア グッドデイ』(2009年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • ダイアモンド☆ドッグス『美しき背徳』(2009年9月、博品館劇場)
  • T1project『いま生きてます』(2010年3月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『END OF THE WORLD』(2010年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • ダイアモンド☆ドッグス『夜想曲/GOLD』(2010年10月、博品館劇場)
  • T1proect『いま愛してます』(2011年7月、中野ザ・ポケット)
  • T1project SOCIAL/TEAM『ダイニングトーク』(2011年11月、小劇場 楽園)
  • T1project『動物園2SIDE』(2011年12月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project produce大改訂版『シーチキンサンライズ』(2012年3月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『ダイニングトーク』(2012年5月、2013年5月、2014年5月、2015年5月、2016年5月、小劇場 楽園)
  • T1project『恋する家』『いま幸せです』(2012年9月、「劇」小劇場)
  • UNRESS 2013SS Collection『あるハッピーエンド』(2012年11月、Ms.REIKO 72、演出のみ)
  • T1project『STEP OVER THE FUTURE』(2013年3月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『キラキラ』(2013年9月、下北沢「劇」小劇場、演出のみ)
  • T1project『もしも生まれ変わっても』(2013年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『君の心に残るもの』(2014年2月、本多劇場グループ小劇場B1
  • T1project『罪と罰』(2014年9月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『シーチキンサンライズ』(2015年2月、本多劇場グループ小劇場B1)
  • T1project『中田ステーションセブン』『いま幸せです』(2015年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『素敵な世界』(2016年3月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『シーチキンサンライズ』『幸せな時間』(2016年9月、本多劇場グループ小劇場B1)
  • T1project『Muiscal 素敵な世界』(2017年3月‐4月、本多劇場)
  • T1project『缶詰工場の秘密』(2017年9月‐10月、中野ザ・ポケット)
  • T1project『シーチキンサンライズ』『Musical 殺し屋は歌わない』(2018年4月‐5月、本多劇場グループ小劇場B1)
  • T1project ショートストーリーズvol.8 『中田ステーションセブン』『あなたが生きていたから』(2018年9月、下北沢「劇」小劇場)
  • T1project『Muiscal 幸せな時間』(2019年2月‐3月、本多劇場)

舞台(出演)編集

構成編集

映画(脚本)編集

書籍編集

  • 演技核心論(2006年1月、論創社
  • 演じる心、見抜く目(2010年2月、集英社

脚注編集

外部リンク編集