メインメニューを開く

小さな親切運動

小さな親切運動(ちいさなしんせつうんどう)とは、人には思いやりと親切の心をもって接し、困っている人には誰もができる範囲で親切にしようという運動。お互いが思いやり、支えあうことでよりよい社会を築くことを目指している。主な活動に、「小さな親切」実行章の贈呈、作文コンクール、はがきキャンペーン、日本列島クリーン大作戦、日本列島コスモス作戦、青少年育成事業などがある。運営費は会員の寄付によって賄われ、会員には法人会員と個人会員がある。

目次

運営団体編集

所在地-東京都千代田区

歴史編集

  • 1963年3月 東京大学卒業式の告辞で、総長であった茅誠司が「小さな親切」の重要性を訴える。その後、実践例が新聞などで報じられ、社会から幅広い共感が寄せられる。
  • 1963年6月13日 社団法人「小さな親切」運動本部設立。茅が初代代表に就任し、以後23年間同職を務める。
  • 1994年 第3代代表として元東京大学総長の森亘が就任。
  • 2004年 第5代代表として元駐ハンガリー大使の田中義具が就任。
  • 2014年 第6代代表として元文部科学大臣鈴木恒夫が就任(現職)。

活動内容編集

  • 日常生活における「親切な行動」の実践を重視し、一般国民からの推薦によって、毎月25日に親切な行動を行った個人や団体への実行章を贈呈する。実行章の受賞内容は様々だが、清掃・花植えなどの環境美化活動、高齢者への援助、事件・事故などの迅速な対処、社会奉仕活動ボランティア活動などである。
  • 全国の小中学校を対象とした作文コンクール(後援は内閣府文部科学省NHK毎日新聞社)や「小さな親切」はがきキャンペーン(後援は日本郵便読売新聞社)などを主催する。
  • 環境美化運動や車椅子贈呈運動も行い、その活動を海外にも広める。
  • 個人でも入会できるが、職場などで勧誘されて加入する人も多い。
  • 1999年度から、あいさつを通じて子どもたちの心づくりを推進する「あいさつ運動推進校」を開始。その基盤として「小さな親切」運動の各種事業の中から自由に選択して活動してもらう「『小さな親切』運動実践協力校」をスタートした。 現在141校が加盟。活動内容は、小・中・高等学校において、作文コンクール(小・中学生対象)およびはがきキャンペーン(全ての方を対象)を強化事業として取り組んでいる。なお、事業の選択は学校に一任している。学校によっては、募金活動や地域清掃活動などを行っている。期間は約2年。

実行章編集

推薦を受けた者は審査の後、代表からの表彰状実行章が贈られる。 実行章は全国33道府県の本部から贈られる場合と、道府県本部のない地域において運動本部から贈呈される場合がある。 毎年秋に東京都内で全国表彰式も開催されている。 この実行章は、親切な行為を称え、感謝の気持ちを表すほか、親切な心を持ち続けてほしいという願いをこめて贈られている。 表彰状は推薦を受けた回数だけ授与されるが、実行章は2016年度から有料(料金は未定)となっている。

関連項目編集

外部リンク編集