メインメニューを開く

小原 一典(おはら かずのり、1972年7月5日 - )はサッカー指導者。JFA公認指導者の海外派遣により、ブータン代表監督や、カンボジア技術委員長を歴任している[1]

小原 一典 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オハラ カズノリ
ラテン文字 OHARA Kazunori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-07-05) 1972年7月5日(47歳)
出身地 千葉県船橋市
ユース
チーム
1988-1991 船橋市立船橋高等学校
監督歴
2012-2014 ブータンの旗 ブータン
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

1972年7月5日生まれ、千葉県船橋市出身[2]船橋市立船橋高等学校でプレーした後、獨協大学法学部に進学し、サッカー部に所属[2]

1996年より草加ジュニアユースで指導者としての活動を開始[2]1999年から留学のためスペインへ渡り、地域リーグでプレーしたほか、ユースチームを含む4つのクラブで監督やアシスタントコーチを務めた[2]2003年スペインサッカー連盟コーチングライセンスレベル3を取得、帰国後の2004年には日本サッカー協会公認C級コーチライセンスを取得した[3]。以降、大塚製薬サッカースクールU-13、徳島ヴォルティスU-18、福島夢集団ユンカースJヴィレッジスポーツクラブU-15の監督を歴任[2]

2012年5月、日本サッカー協会理事会においてアジア貢献事業の一環としてブータンへ派遣され、ブータン代表の監督に就任[4]し、2015年1月まで務めた。2015年3月からはカンボジアに派遣され、テクニカルディレクターおよび技術委員長の役職を務めている[1]

所属クラブ編集

指導歴編集

  • 1996年 - 1999年 草加ジュニアユース コーチ
  • 2000年 - 2001年 LAS ROSAS(アレビン 10歳~11歳) 監督
  • 2001年 - 2002年 ZONA NORTE(ベンハミン 8歳~9歳) 監督
  • 2001年 - 2002年 ラージョ・バジェカーノB アシスタントコーチ
  • 2002年 - 2003年 VILLAVICIOSA DE ODON(フベニール 16歳~18歳) 監督
  • 2004年 - 2005年 大塚製薬サッカースクールU-13 監督
  • 2005年 - 2006年 徳島ヴォルティスU-18 監督
  • 2006年 - 2007年 福島夢集団ユンカース 監督
  • 2007年 - 2011年 JヴィレッジスポーツクラブU-15 監督
  • 2012年5月 - 2015年1月 ブータン代表監督
  • 2015年3月 - 2016年1月 カンボジア テクニカルダイレクター
  • 2016年1月 - 2018年1月 カンボジア技術委員長
  • 2017年10月 - カンボジア代表暫定監督

脚注編集