メインメニューを開く

小坂忠広(こさか ただひろ)は、日本の男子競歩の元選手である。1988年、1992年、1996年の3回連続の夏季オリンピックに日本代表として出場した。

小坂忠広 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kosaka Tadahiro
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上
種目 競歩
所属 石川県立錦城特別支援学校[1][2]
大学 順天堂大学
生年月日 (1960-02-10) 1960年2月10日(59歳)
出身地 和歌山市田辺市日高郡龍神村
(現 田辺市日高郡龍神村)
居住地 日本の旗 日本石川県
身長 178.5cm[3]
体重 64kg[3]
オリンピック 1988年ソウルオリンピック
1992年バルセロナオリンピック
1996年アトランタオリンピック
出場
地域大会決勝 1990年アジア競技大会3位
1994年アジア競技大会3位
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

和歌山県日高郡龍神村(現 田辺市)出身。和歌山県立日高高等学校の2年3年生時に全国高等学校駅伝競走大会に出場し、アンカーとして活躍した。その後、順天堂大学に進学し、卒業後は1988年ソウルオリンピック1992年バルセロナオリンピック1996年アトランタオリンピックに出場した。2012年ロンドンオリンピックでは陸上競技日本選手団のコーチを務めた[4]

実績編集

脚注編集

  1. ^ 2017年4月時点
  2. ^ 石川県県立学校教員異動 2017年3月24日
  3. ^ a b 小坂忠広プロフィール 日本オリンピック委員会
  4. ^ 元五輪競歩代表の小坂さんが日高高校で講演 2014年9月2日 日高新聞

参照資料編集