メインメニューを開く
小堀政峯

小堀 政峯(こぼり まさみね、元禄2年(1689年) - 宝暦10年12月16日1761年1月21日))は、近江小室藩の第5代藩主。小室藩小堀家6代。

経歴編集

第3代藩主・小堀政恒の六男。母は側室の真光院(青山氏)。正室は足利藩主・戸田忠囿の娘・真珠院。子は政養(長男)、政報(次男)、政寧(三男)、政展(六男)、政方(七男)、娘(小堀惟貞室)、娘(内藤正雄正室)。養子に小堀政寿。官位は従五位下備中守、和泉守。号は宗香。

元禄2年(1689年)、江戸で生まれる。幼名は重次郎。将軍綱吉小姓を務める。正徳3年(1713年)、先代藩主で兄の政房が嗣子無く若死にしたため、その養嗣子となって跡を継いだ。伏見奉行奏者番、そして2度にわたって若年寄を務めるなど要職を歴任したことから、譜代大名並の格式を許された。宝暦10年(1760年)12月16日、72歳で死去し、跡を末子の政方が継いだ。法号は泰清院。墓所は滋賀県長浜市の孤蓬庵。

茶法は兄・正房や小堀十左衛門政孝小堀土佐守政武に学ぶ。遠州流茶道5世家元