メインメニューを開く

小場瀬 卓三(おばせ たくぞう、1906年5月12日 - 1977年11月12日)は、フランス文学者、東京都立大学名誉教授。

兵庫県生まれ。1927年甲南高等学校文科卒業、東京帝国大学仏文科卒業、1936年から1938年までパリに留学。東京都立大学教授、日本フランス語・フランス文学会会長などを歴任。

ディドロモリエールを研究、16-18世紀フランスの思想・演劇について研究、ほかアラゴンの翻訳を含め、多くの著書訳書を著した。

著書編集

  • フランス古典喜劇成立史 モリエール硏究 生活社 1948
  • 近代精神 世界評論社 1949
  • モリエール 論稿 第1-2輯 八雲書店・六興出版社 1949
  • モリエール 時代と思想 日本評論社 1949
  • フランス・レアリスム研究序説 世界評論社 1950
  • 先駆者たち ディドロと百科全書 日本評論社 1950
  • 抵抗する知性 レジスタンス文学史 三一書房 1951
  • レジスタンス以後 現代フランス文学の展望 渡辺淳共著 大月書店 1951
  • 文学史の方法 理論社 1956
  • 古典主義・浪漫主義 北通文共著 三一書房 1957(文芸思想史 ; 第1)
  • モリエールのドラマツルギー 白水社 1957
  • 演劇と演劇史の十字路で 白水社 1960
  • デイドロ研究 上中巻 白水社 1961-1972
  • 演劇への道(編)新日本新書 1967
  • 光と綾 フランス文学の世界 法政大学出版局 1969
  • フランス古典喜劇成立史 モリエール研究 法政大学出版局 1970
  • ディドロ 百科全書にかけた生涯 新日本選書 1972
  • バロックと古典主義 十七世紀フランス文学史の諸問題 白水社 1978

翻訳編集