メインメニューを開く

小川 敏明(おがわ としあき、1939年4月13日 - )は、三重県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

小川 敏明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 (1939-04-13) 1939年4月13日(80歳)
身長
体重
173 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1960年
初出場 1960年9月15日
最終出場 1967年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

中京商業高校では2年生の時、鈴木孝雄の控え捕手として1956年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜は決勝で県岐阜商を破り優勝、夏の選手権は準々決勝で米子東に敗れる。1年上のチームメートに鈴木の他、星山晋徳一塁手がいた。翌1957年は同期のエース本間勝とバッテリーを組み、夏の甲子園県予選決勝に進出するが、津島商工に敗退し甲子園出場を逸する。

高校卒業後は中京大学に進学。愛知大学リーグでは正捕手として3度の優勝に貢献し、1959年1960年全日本大学野球選手権大会で準決勝に進出する。しかし1960年シーズン途中に大学を中退し、中日ドラゴンズへ入団[1]。入団時の正捕手は吉沢岳男であったが、4年目の1963年にはレギュラーを獲得、101試合に出場した[1]1964年も90試合に出場するが、1965年は中京商の後輩である木俣達彦が正捕手となり、わずか1試合の出場に留まった。

同年オフに大洋ホエールズへ移籍。1966年には15試合に先発出場するが、翌年限りで引退した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1960 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1961 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1963 101 275 266 16 56 2 2 3 71 23 0 1 2 0 7 0 0 46 8 .211 .231 .267 .498
1964 90 176 171 11 35 8 0 0 43 11 1 0 1 1 3 0 0 29 4 .205 .218 .251 .470
1965 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1966 大洋 46 65 60 3 13 2 1 1 20 8 1 0 3 0 2 0 0 8 0 .217 .242 .333 .575
1967 5 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
通算:7年 246 524 505 30 105 12 3 4 135 42 2 1 6 1 12 0 0 85 12 .208 .226 .267 .494

記録編集

  • 初出場:1960年9月15日、対読売ジャイアンツ25回戦(中日球場)、8回表から捕手として途中出場
  • 初打席:1961年7月15日、対阪神タイガース10回戦(中日球場)、9回裏に石川緑の代打として出場、渡辺省三の前に凡退
  • 初先発出場:1963年5月5日、対阪神タイガース5回戦(阪神甲子園球場)、8番・捕手で先発出場
  • 初安打:同上、4打数2安打
  • 初本塁打:1963年7月27日、対阪神タイガース12回戦(阪神甲子園球場)、3回表に石川緑からソロ

背番号編集

  • 49 (1960年 - 1961年)
  • 44 (1962年)
  • 51 (1963年 - 1964年)
  • 42 (1965年)
  • 24 (1966年 - 1967年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、122ページ