メインメニューを開く

小柳圭子

満州国奉天市出身の女優

小栁 圭子(こやなぎ けいこ、1926年2月7日 - )は、満州国奉天市出身の女優

こやなぎ けいこ
小栁 圭子
生年月日 (1926-02-07) 1926年2月7日(93歳)
出生地 満州国の旗 満州国奉天市
職業 女優
ジャンル 映画,テレビドラマ
活動期間 1949年 -
著名な家族 武見龍磨
テンプレートを表示
本来の表記は「小栁圭子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(栁)が含まれています(詳細)。

来歴編集

父が南満州鉄道に勤務していたため、1926年2月7日に満州国奉天市で産まれ、父の転勤に伴い承徳市張家口市で育ち、北京大学へ入学する[1]。北京大学2年時に日中戦争が終戦し、日本に戻る。当時に小栁は医者を志望しており東京女子医科大学を目指すが、諸事情により果たせず、国民学校(現在の小学校に相当)の教員を経て、地方公務員として大阪府庁に勤務する[1]

たまたま観た演劇『生まれた家(La Maison natale)』(ジャック・コポー作)の公演に触発され、公演していたアマチュア劇団知性座に入門する[1]

1949年大映の女優募集のチラシを見てオーディションに応募し合格する[1]。なお、募集規定は17歳までであったが、小栁は当時23歳であった[1]。いわゆる溝口組市川組の作品を中心に、「眠狂四郎」シリーズ、「座頭市」シリーズ、「大魔神」シリーズなどに端役で出演する[1]。デビュー作は『日本映画人名事典』では『痴人の愛』(1949年10月)とされているが、映連データベース日本映画製作者連盟)では『最後に笑う男』(1949年2月、安田公義監督)[2]や『三つの真珠』(1949年6月、安達伸生監督、久米正雄原作)[3]に名前が挙がっており、はっきりしない。

大映倒産後は松竹芸能、鳥プロを経てフリーとなる[1]

息子は武見龍磨。1988年のテレビドラマ『暴れん坊将軍III』第32話「幽霊も泣きます! おんな坂」では親子共演を果たしている。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 水戸黄門(TBS / C.A.L.)
    • 第2部 第14話「女将棋師 -天童-」(1970年12月28日) - 二番役
    • 第5部 第3話「命をかけた友情 -塩山-」(1974年4月15日) ※クレジットのみ(もしくは出演シーンカット)
    • 第7部 第32話「高嶺の花が俺の嫁! -高崎-」(1976年12月27日) - 遣り手婆
    • 第18部 第30話「天下の嶮の悪退治 -箱根-」(1989年4月10日)
    • 第22部 第3話「天下の嶮の幽霊騒動 -箱根-」(1993年5月31日)
    • 第23部 第5話「涙でついた母の嘘 -追分-」(1994年8月29日)
    • 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 第10話「娘忍びを売る男 -人吉-」(1995年7月24日) - 茶店の婆さん
    • 第30部 第1話「初春の旅立ち -水戸・日光-」(2002年1月7日)
  • 大岡越前(TBS / C.A.L
    • 第2部
      • 第9話「消えた越前」(1971年7月12日) - 矢場の女
      • 第16話「朝顔」(1971年8月30日)- 長屋のおかみさん
    • 第10部 第22話「駕籠屋が見ていた真犯人」 (1988年8月1日) - お寅
    • 第12部 第9話「妖女が嗤う世継ぎの謎」 (1991年11月25日) - お熊
  • 必殺シリーズ(ABC / 松竹)
    • 必殺仕置人 第24話「疑う愛に迫る魔手」(1973年9月29日)- お峰
    • 助け人走る
      • 第7話「営業大妨害」(1973年12月1日) - おくら
      • 第21話「心中大悲憤」(1974年3月9日) - おくら
      • 第27話「江戸大暗黒」(1974年4月20日) - 女将
      • 第31話「狂乱大決着」(1974年5月18日) - 茶屋のおかみ
      • 第34話「必死大逃走」(1974年6月8日) - 女将
    • 暗闇仕留人 第7話「喰うて候」(1974年8月10日)- ふさ
    • 必殺必中仕事屋稼業
      • 第1話「出たとこ勝負」(1975年) - みつ
      • 第10話「売られて勝負」(1975年) - 女将
    • 必殺仕置屋稼業 第13話「一筆啓上過去が見えた」(1975年9月26日)- おりん
    • 必殺仕業人 第19話「あんた この奥の手どう思う」(1976年5月21日)- 八百屋おかみ
    • 必殺からくり人・血風編 第2話「非道にたてつく紅い刃」(1976年) - お時
    • 新必殺仕置人
      • 第5話「王手無用」(1977年2月18日)- 内儀
      • 第27話「約束無用」(1977年7月22日)- おかみさん
      • 第36話「自害無用」(1977年9月23日)- 女郎屋おかみ
    • 江戸プロフェッショナル・必殺商売人(1978年2月17日~8月18日)- お梶 ※準レギュラー
    • 必殺からくり人 富嶽百景殺し旅
      • 第6話「下目黒」(1978年) - おこう
      • 第8話「甲州犬目峠」(1978年) - およね
    • 翔べ! 必殺うらごろし 第11話「人形が泣いて愛する人を呼んだ」(1979年) - お袖
    • 必殺仕事人
      • 第41話「織技重ね裏返し」(1980年) - おとき
      • 第66話「描き技 絵筆逆手屏風突き」(1980年) - おかん
      • 第76話「詰め技 王手飛車駒落し」(1981年) - 船宿のお内儀
    • 新・必殺仕事人 第22話「主水浮気する」(1981年) - ひさごの女将
    • 必殺仕舞人 (1981年) - おまつ
  • 暴れん坊将軍シリーズ(ANB / 東映)
    • 吉宗評判記 暴れん坊将軍
      • 第2話「素晴らしき藪医者」(1978年1月14日) - 母親
      • 第119話「女狐が泣いた人情纏 」(1980年7月5日) - 松の局
      • 第143話「俺は天下の鼻つまみ 」(1981年1月3日) - 夜鷹
      • 第168話「天下御免の夫婦喧嘩 」(1981年7月11日) - 老女
      • 第189話「鬼を哭かせた母ごころ 」(1981年12月12日) - おきた
    • 暴れん坊将軍III
      • 第32話「幽霊も泣きます! おんな坂」 - 婆や
      • 第76話「さらば! 愛しき人よ」 - 舟宿の女将
      • 第115話「大岡越前、罷免さる!?」 - 金貸し
    • 暴れん坊将軍IV
      • 第14話「恋の細道、通りゃんせ!」 - 津留
      • 第49話「恋山彦 幻の花嫁!」 - 内儀
      • 第52話「剣鬼が走る! 江戸の闇」 - 遺手姿
    • 暴れん坊将軍V
      • 第3話「狙われた氷の美女」(1993年4月) - おたね
      • 第30話「嵐を呼ぶ三兄弟!」(1993年)-遣り手婆
    • 暴れん坊将軍VI
      • 第19話「五千両の恋泥棒!」(1995年)-おうめ

他多数。小柳圭子へのリンク元参照。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 小栁圭子【見栄を張るキャスト紹介】”. MotionGallery (2016年2月9日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ 最後に笑う男”. 日本映画製作者連盟. 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ 三つの真珠”. 日本映画製作者連盟. 2017年11月30日閲覧。

外部リンク編集