メインメニューを開く

必殺仕置屋稼業

必殺シリーズ第6作、中村主水シリーズ第3作

必殺仕置屋稼業』(ひっさつしおきやかぎょう)は1975年7月4日から1976年1月9日まで、毎週金曜日22:00 - 22:55[2]に、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・NETテレビ(現・テレビ朝日)系で放送された時代劇。全28話。主演は藤田まこと[3]

必殺仕置屋稼業
ジャンル 時代劇
脚本 安倍徹郎
中村勝行
野上龍雄
監督 蔵原惟繕
松本明
工藤栄一
田中徳三
出演者 沖雅也
新克利
渡辺篤史
小松政夫
中村玉緒
白木万理
菅井きん
藤田まこと
ナレーター 草笛光子
オープニング 作曲:平尾昌晃「合議」
エンディング 葵三音子[1]「哀愁」
時代設定 天保年間
プロデューサー 山内久司(朝日放送)
仲川利久(朝日放送)
櫻井洋三(松竹)
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1 - 13話
放送期間 1975年7月4日 - 9月26日
放送時間 金曜日22:00 - 22:55
放送分 55分
回数 13
第14 - 最終話
放送期間 1975年10月3日 - 1976年1月9日
放送時間 金曜日22:00 - 22:54
放送分 54分
回数 15

特記事項:
放送回数:全28話
テンプレートを表示

必殺シリーズの第6作目、中村主水シリーズの第3作目である。

概要編集

前作『必殺必中仕事屋稼業』は必殺仕置人殺人事件の影響により、それまでタイトルから外していた「必殺」の文字を復活させ、シリーズ最高視聴率を記録するヒット作となった(近畿地区で30%台)が、放送中に腸捻転解消(ネットチェンジ)が行われた影響で、視聴率は半分以下の13%台にまで落ち込んでしまった[4]。そこで、人気の高かった中村主水を再度登場させることで挽回を図るべく企画されたのが本作である。後番組の『必殺仕業人』を含めるとおよそ丸一年に渡り主水がお茶の間に登場することになり、必殺シリーズの看板キャラクターとして定着させようという制作陣の意図が感じられる。

藤田以外のキャストには第1作『必殺仕掛人』以来、シリーズに実績のある中村玉緒と、『必殺仕置人』で棺桶の錠を演じた沖雅也を再び起用し、主にホームドラマで活躍していた新克利渡辺篤史にコメディアンの小松政夫らを新たに迎えた。なかでも沖が演じた市松は熱血漢であった棺桶の錠とは正反対のクールな性格で、後年、組紐屋の竜を演じた京本政樹は「風貌から仕草に至るまで、市松を手本にした」とインタビューで答えている[要出典]

オープニング映像では現代(放映当時)の京都市内をサラリーマン風の背広姿で歩く七三分けの髪型をした主水、ヘルメットを被った住職姿でスクーターのヤマハ・メイトに飛び乗る印玄、繁華街でアクセサリーの路上販売をしながら本を読むトラッドファッションに着飾った市松が描かれ、斬新な趣向となった。

新聞テレビ情報誌番宣広告、番組表、宣伝ポスターでは主水が先頭に記載されているが、本編のクレジットタイトルでは市松が先頭で、主水がトメ(最後尾)になっている[5]。これは沖の養父で、所属事務所社長の日景忠男が、主水が完全な主人公であることにクレームをつけたためである。日景は制作スタッフに感謝していたという。詳しくは、必殺シリーズ#中村主水の主人公問題も併せて参照。

あらすじ編集

裏稼業から離れていた中村主水は北町奉行所から南町奉行所へ異動する。名目上は栄転であり、目明しの亀吉も付いたが、規律に厳しい南町奉行所では袖の下もままならず、離れの新築もあり、中村家の生活は困窮を極める。

そんな中、髪結いのおこう(中村玉緒)が主水に接触する。おこうは主水がかつて裏の仕事をしていたことを知っており、自分が受けた依頼を行うように主水に頼むが、断固として断る。しかし、頼み人は無惨な死を遂げることとなり、主水はおこうに裏の仕事に復帰することを約束する。

主水は裏稼業の再開にあたって、自分を慕う銭湯の釜番の捨三と、その知り合いの破戒僧、印玄を仲間とする。さらに、殺しの現場を目撃されたことで主水の命を狙っていた殺し屋の市松(沖雅也)も裏稼業へと引き入れる。

彼らとおこうを含めた「仕置屋」は時には反目し合いながらも、行き所の無い弱者の晴らせぬ恨みを晴らしていく。

依頼の仕組み編集

依頼は原則としておこうが請け負う。おこうは「おさすり地蔵」で主水と密会し、依頼の内容を伝え、自らの取り分を差し引いた頼み金を渡す。主水は市松・印玄・捨三と竹の湯の釜場で金を分配し、作戦を練り、仕置を実行する。

なお、おこうは仲介のみで仕置そのものには一切関わらない。そのために印玄を知らず、指名手配された島帰りの友人に逃亡幇助金を渡したり(第8話)、印玄殺しを請け負ったこともあった(13話)。第10、12、14、23、27話はおこうが登場せず、仕留人以前のように、主水、市松、印玄、捨三のいずれかが直接依頼を受け、仕置を行っている。

ちなみに、本作での依頼から仕置までの流れは『必殺仕業人』でも踏襲されている。

登場人物編集

仕置屋編集

中村主水
演 - 藤田まこと[6]
南町奉行所の定町廻り同心。
組替えで、北町奉行所から、南町奉行所に転勤となり、目明しの亀吉が付き、厳しい規律のために袖の下も得られず、新築した離れの代金や表の仕事の失敗による減俸で生活が困窮する。他方で、村野の出す金一封のために職務に励む姿も見られる。また、飯屋の娘おはつに一目惚れし、隙を見ては飯屋に出入りする。なお、昼食時には奉行所前で屋台の蒸かし芋(馬鈴薯)を食べる描写が度々登場するが、これは本作だけである。
裏の仕事からは足を洗っていたが、おこうの再三の誘いを受けたのを機に復帰する。登場前作『暗闇仕留人』までとは裏稼業に対するスタンスが明確に変わっており、「金だけでいいんだ」と死んだ被害者の心情を記した手紙の受け取りを拒否する(第1話)など、悪に対する義憤を燃やすことなく、あくまで「稼業」として淡々と仕事をこなす姿勢になっている。また捨三に対する鉄拳制裁を始め、秘密を知った部外者(第1話の印玄)や裏切りの可能性のある仲間(最終話の市松)を躊躇なく始末しようとするなど、前作までは目立たなかった裏稼業における厳格さや非情さを見せるようになった。
第10回での南町奉行所綱紀粛清係、土方左馬之介の調べでは、42歳(りつ35歳)。
最終回で、自分の命と仲間の命(市松)を天秤に掛けて悩んだ挙句に後者を選び、伝馬町牢屋敷の牢屋見廻り同心に降格(最下位の地位)されたが、おこうの死に際の頼みを受け、以後も裏の仕事を継続した。
市松
演 - 沖雅也
竹細工師。
整った顔立ちの色男ながら、情に流されない冷淡な性格。殺し屋としてのプロ意識が非常に高く、万難を排して仕置を遂行しようとする。主水に自分の殺しの現場を見られ、彼の命を狙うが、逆に誘われて仕置屋となる。ただし、他の組織からも別件の殺しの依頼を受けている。父親の市造[7]も殺し屋だったが、仲間の鳶辰にはめられて死亡。幼い市松は鳶辰の養子となり、殺し屋として育てられたが、仕置屋の一員となってまもなく、市造の死の真相を知り、鳶辰を自分の手で始末した(第2話)。
感情を面に表さず、仲間意識も乏しいように見えるために主水や捨三から警戒されることが多い反面、堅気の人間に対しては無償の優しさを示し、竹細工の玩具(たけとんぼ)で遊ぶ子供たちの前では温かい笑顔も見せている。
最終回で奉行所に捕えられるが、主水の助力により逃亡し、江戸を離れる。次作『必殺仕業人』の赤井剣之介(中村敦夫)は旅先で市松と出会い、主水を紹介される運びとなる。
印玄
演 - 新克利
破戒僧。
坊主頭の中年男。捨三とは親友で、釜場に入り浸り、女湯を覗いたりしている。設定年齢は30歳(第26話)。本名は「多助」[8]。上州で幼少期を過ごしたが家庭環境には恵まれず、幼少時に母と生き別れたのちは父と暮らしていたが、生活苦から父が印玄を道連れとして無理心中を図り、印玄のみが生き残った。印玄が青年になった頃、母との再会を果たすが、息子や夫への愛情は無く、再会した息子に関係を求めるに至り、印玄は母親をその情夫とともに始末した(第13話)。それ以来トラウマを負い、基本的には明るい性格だが、躁鬱と呼べるほどに気分の浮き沈みが激しい。
捨三の紹介で仕置屋となる。裏の仕事に出向く前に、女郎屋に足を運んで女を抱くのが習慣になっている[9]。市松の不遜な態度に不快感を示すこともあるが、捨三ほどではなく、邪険にされても市松との交流を深めようという姿勢を見せている。
最終回で佐兵衛に短筒で狙撃されながらも、悪人に捕らえられたおこうを助け出す。おこうを屋根から下ろす最中に徳太郎に刺されるが、おこうを市松に託した後で徳太郎を道連れに屋根から飛び降り死亡する。
捨三
演 - 渡辺篤史
銭湯「竹の湯」の釜番。
仕置屋の密偵で、自分の勤める釜場が仕置屋の隠れ家となっている。かつて、スリをしていた頃に主水から目こぼしを受けて以来、彼を慕うようになる。主水シリーズの密偵は、基本的に主水と対等の関係であるが、主水と捨三のそれは完全な主従関係である。主水への忠誠心に篤く、主水に対する市松の不遜な態度に食ってかかったり、第2話で鳶辰が主水に向けた短筒の前に身を呈して庇ったりと、主水に尽くす場面が多い。また「仕置屋」であることに矜恃を持つがゆえに、あくまで「殺し屋」である市松に対して不快感および不信感を抱いている。
第1話の時点で、主水の裏の顔を知っていたが、経緯は不明。主水の裏稼業再開に際し、印玄を紹介し、自らも情報収集と連絡係を担っている。初期には変装術を駆使した。
おこう
演 - 中村玉緒[10]
新富町の、髪結い床の女主人
主水の過去を知り、裏稼業に復帰させる。彼女が頼み人から依頼を受け「おさすり地蔵」で主水と密会して、仕事を依頼する。
上方出身で京言葉を話す。客に対するおべっかがうまく金にがめついが、弱者への情に厚い。主水が間に入るため、仕置そのものについては殆ど知らないが、市松のことは知っていた。
主水に想いを寄せており、主水が中村家から離縁されても自分が養うとまで言い切るほどだった(最終回)が、その矢先に睦屋一味(市松に自分の弟を仕置された睦屋佐兵衛とその配下の者達)の報復により熾烈な拷問を受ける。やがて印玄と市松に救出されるが、市松に背負われ隠れ家に運び込まれた時にはすでに虫の息で、主水に裏稼業を続けるように頼んだのちに死亡した。
なお、おこう役の中村玉緒と主水役の藤田まことは、本作終了の数カ月後に放送された勝プロ制作のTV時代劇『夫婦旅日記 さらば浪人』で夫婦役を演じている。

その他編集

中村せん
演 - 菅井きん
主水の姑。婿養子の主水をいびる。
南町への転属当初は主水を褒めていたが、心付けが貰えず、離れの新築費用もあり、生活が困窮すると主水をいびるようになっていく。
中村りつ
演 - 白木万理
主水の妻。せんとともに、婿養子の主水をいびる。
亀吉
演 - 小松政夫[11]
目明し。
手柄が無く、主水の南町奉行所 着任に伴い、彼の配下となる。明るくお調子者の性格で、主水の無茶に付き従う一方で、せんとりつから小遣いを貰い、主水の行動を監視する役目も仰せつかっている。
後に『新・必殺仕置人』第15話で、ゲスト出演している。
与力 村野
演 - 宗方勝巳[12]
南町奉行所の与力で、主水の上司。うるさ型で、規律に厳しい南町を代表する清廉な人物。昼行灯の主水を叱責することが多いが、他のシリーズでは上司から軽んじられる主水の話を公平に聞き、逆に相談を持ちかけ、金一封を餌として主水を動かすこともあった。
おはつ
演 - 石原初音[13]
主水行き着けの一膳飯屋で女中をしている少女。主水がそこに行くのは彼女が目当てだが、年齢が離れすぎているため「おじさん」と呼んで軽くあしらう。また、いつも羽織を脱いで店に入る主水を同心とは気づいていない。家庭と職場で軽んじられている主水にとって、おはつは癒しのような存在である。
おふく
演 - 近松麗江[14]
おはつが勤める食堂の女将。ある旗本たちが、町で無法行為をした際は奉行所に訴状を持って直訴しに行くなど(第16話)、正義感のある女性である。
るみ
演 - 香川留美[15]
おこうが営む、髪結い床の従業員。
のぞみ
演 - 星野のぞみ[16]
おこうが営む、髪結い床の従業員。
ナレーター
オープニング - 草笛光子
作 - 早坂暁
次回予告 - 野島一郎

ゲスト編集

第1話 「一筆啓上 地獄が見えた」
第2話 「一筆啓上 罠が見えた」
第3話 「一筆啓上 紐が見えた」
第4話 「一筆啓上 仕掛が見えた」
第5話 「一筆啓上 幽鬼が見えた」
第6話 「一筆啓上 怨霊が見えた」
第7話 「一筆啓上 邪心が見えた」
第8話 「一筆啓上 正体が見えた」
第9話 「一筆啓上 偽善が見えた」
第10話 「一筆啓上 姦計が見えた」
第11話 「一筆啓上 悪用が見えた」
第12話 「一筆啓上 魔性が見えた」
第13話 「一筆啓上 過去が見えた」
第14話 「一筆啓上 不義が見えた」
第15話 「一筆啓上 欺瞞が見えた」
第16話 「一筆啓上 無法が見えた」
第17話 「一筆啓上 裏芸が見えた」
第18話 「一筆啓上 不実が見えた」
第19話 「一筆啓上 業苦が見えた」
第20話 「一筆啓上 手練が見えた」
第21話 「一筆啓上 逆夢が見えた」
第22話 「一筆啓上 狂言が見えた」
第23話 「一筆啓上 墓穴が見えた」
第24話 「一筆啓上 血縁が見えた」
第25話 「一筆啓上 不倫が見えた」
第26話 「一筆啓上 脅迫が見えた」
第27話 「一筆啓上 大奥が見えた」
第28話 「一筆啓上 崩壊が見えた」

殺し技編集

市松
竹串で悪人の首筋を刺す。
串を装着した白い折鶴を紙飛行機のように飛ばし、首筋に刺す。その時、折鶴が悪人の血で赤く染まる(第2、4話)、竹串の先を火で炙って水分を飛ばし硬度を増す(第7話)、刺した串を折って首に押し込む(第8、13、28話)、竹とんぼの羽を飛ばし喉を切って串で刺す(第10話)、竹箒を削った串(第16話)、二又に分かれた串(第17話)、おでん串(第21話)など、状況に応じて使い分ける。

また、市松の殺しの際に流れるBGMには通常の「仕置」だけでなく、スローバラード調の専用テーマ曲「市松Ⅱ」や主題歌のヴォカリーズ版が使用されることがあり、「必殺仕事人」以降の主水に先駆けた特別な演出がなされた。

印玄
悪人を屋根の上に担ぎ上げ、背中を押して、転落死させる。悪人は転落しながら「止めて! 助けて!」などと叫ぶのが定番である[19]
中盤以降は持ち前の怪力を活かし、後のシリーズでも見られる、回転落とし、人体二つ折りなどの殺し技が登場する[20]
中村主水
大刀・脇差で悪人を斬る、刺す[21]

スタッフ編集

主題歌編集

放送日程編集

  • 強調部は、サブタイトルのフォーマット(「一筆啓上 ○○が見えた」)。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1975年07月04日 一筆啓上 地獄が見えた 安倍徹郎 蔵原惟繕
第2話 7月11日 一筆啓上 罠が見えた 中村勝行[22] 松本明
第3話 7月18日 一筆啓上 紐が見えた 村尾昭 松野宏軌
第4話 7月25日 一筆啓上 仕掛が見えた 中村勝行 大熊邦也
第5話 8月01日 一筆啓上 幽鬼が見えた 安倍徹郎 松野宏軌
第6話 8月08日 一筆啓上 怨霊が見えた 國弘威雄 蔵原惟繕
第7話 8月15日 一筆啓上 邪心が見えた 村尾昭
第8話 8月22日 一筆啓上 正体が見えた 素一路 大熊邦也
第9話 8月29日 一筆啓上 偽善が見えた 保利吉紀 松野宏軌
第10話 9月05日 一筆啓上 姦計が見えた 田上雄 松本明
第11話 9月12日 一筆啓上 悪用が見えた 中村勝行 松野宏軌
第12話 9月19日 一筆啓上 魔性が見えた 安倍徹郎 蔵原惟繕
第13話 9月26日 一筆啓上 過去が見えた 村尾昭 三隅研次
第14話 10月03日 一筆啓上 不義が見えた 國弘威雄 松野宏軌
第15話 10月10日 一筆啓上 欺瞞が見えた 蔵原惟繕
第16話 10月17日 一筆啓上 無法が見えた 保利吉紀 大熊邦也
第17話 10月24日 一筆啓上 裏芸が見えた 松本明
第18話 10月31日 一筆啓上 不実が見えた 野上龍雄 蔵原惟繕
第19話 11月07日 一筆啓上 業苦が見えた 安倍徹郎[23] 工藤栄一[24]
第20話 11月14日 一筆啓上 手練が見えた 中村勝行 渡邊祐介
第21話 11月21日 一筆啓上 逆夢が見えた 保利吉紀 大熊邦也
第22話 11月28日 一筆啓上 狂言が見えた 横光晃 松野宏軌
第23話 12月05日 一筆啓上 墓穴が見えた 保利吉紀
第24話 12月12日 一筆啓上 血縁が見えた 猪又憲吾 田中徳三
第25話 12月19日 一筆啓上 不倫が見えた 中村勝行 大熊邦也
第26話 12月26日 一筆啓上 脅迫が見えた 保利吉紀 松野宏軌
第27話 1976年01月02日 一筆啓上 大奥が見えた 國弘威雄 渡邊祐介
第28話 1月09日 一筆啓上 崩壊が見えた 村尾昭 蔵原惟繕

ネット局編集

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 NETテレビ系列 制作局
関東広域圏 NETテレビ 現・テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森テレビ TBS系列
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東北放送 1975年9月まで
日曜深夜23:45 - 24:40の放送
東日本放送 NETテレビ系列 1975年10月から
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
長野県 信越放送 TBS系列
山梨県 テレビ山梨
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡放送 TBS系列
中京広域圏 名古屋テレビ NETテレビ系列
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
岡山県 テレビ岡山 フジテレビ系列
NETテレビ系列
現・岡山放送
当時の放送免許エリアは岡山県のみ
広島県 広島ホームテレビ NETテレビ系列 第12話まで、8日遅れの土曜12:00 - 12:55の放送
第13話はテレビ新広島開局に伴う編成調整のため、未放送
(後年の再放送で、初放送となる)
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県 瀬戸内海放送 NETテレビ系列 当時の放送免許エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 本名は伊藤美音子のようであり(葵三音子-昭和碟典)、ネットでは「美音子」の表記も見られるが、当番組の主題歌や出演の表記は音子(みねこ)である
  2. ^ 第14話以降は、22:00 - 22:54。
  3. ^ エンドロールにおいては市松役の沖雅也が先頭(藤田はトメ)であるため沖が主演であると誤解されることが多いが、ストーリー上では一貫して藤田が主演である。
  4. ^ 参照:必殺必中仕事屋稼業#腸捻転解消(ネットチェンジ)
  5. ^ ただし局側も「藤田のテロップ部分のみ起こし効果を追加する」「他の出演者はタイトルバックが静止画なのに対し、藤田の部分のみ動画とする」という措置をとっている。
  6. ^ クレジットは「起こし」。
  7. ^ 第2話で市松の回想という形で登場。沖の二役。
  8. ^ LD『必殺仕置屋稼業』ライナーノーツ解説、角川書店『必殺シリーズ 完全殺し屋名鑑』に記載。
  9. ^ どうやらかなりの絶倫らしく、女郎達からは敬遠されているが、嫌がる女郎を捕まえては脇に抱えて廓内の部屋へと連れ込み事を終えてから裏の仕事へと向かう。
  10. ^ 第1 - 9、11、13、15 - 22、24 - 26、28話
  11. ^ 第1 - 13、16 - 19、22 - 25話
  12. ^ 第2 - 5、7 - 9、11、12、16、17、19 - 21、23 - 25、27、28話
  13. ^ 第2 - 11、13 - 17、19、21 - 24、26、27話。第15話のみ、お初と表記。
  14. ^ 第2、4、9、16話
  15. ^ 第3 - 6、8、9、13、20、22話。第3話のみ、髪結の少女 るみと表記。
  16. ^ 第3 - 6、8、9、13、17、20、22、28話。第3話のみ、髪結の少女 のぞみと表記。
  17. ^ 主題歌『哀愁』の歌唱者。劇中でも一節披露している。
  18. ^ 大学在学中で松浦竹夫演劇研究所に入る前の仕事。1分足らずだがおそらく初めての映像出演
  19. ^ 大八車の車輪に頭と手足をはめ込んで転がしたり、網で捕らえて、ハンマー投げの要領で投げ飛ばした事があった(第25話ほか)。
  20. ^ 第26話を除く。
  21. ^ 第5、11、13、14、19、22話を除く。
  22. ^ 一部資料での「田上雄」という情報は誤り。
  23. ^ 一部資料での「桜井康裕」という情報は誤り。
  24. ^ 一部資料での「長谷和夫」という情報は誤り。

前後番組編集

NET 金曜22時台(当時は朝日放送の制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺必中仕事屋稼業(第14話から)
  • 腸捻転解消に伴いTBS系列&土曜22時台から移行
必殺仕置屋稼業
NET系 金曜22:54 - 22:55枠
(1975年7月 - 9月)
必殺必中仕事屋稼業(第14話から)
必殺仕置屋稼業(第13話まで)
【1分縮小して継続】
ANNスポーツニュース
※22:54 - 23:00
【66分繰り上げ】

外部リンク編集