小池芳弘

囲碁棋士

小池 芳弘(こいけ よしひろ、1998年7月6日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士。五段。神奈川県出身、高林拓二七段門下。主な実績に第44期新人王戦準優勝、第13回若鯉戦準優勝など。

経歴編集

小学校に入学する直前、父が対局しているのを見て興味を持ち、囲碁を始めた[1]。アマ初・二段程度の棋力の父に囲碁を教わり、小学3年生の頃には父と同じ棋力にまで上達した[1]。その後高林拓二の内弟子となり、ほどなくして日本棋院の院生となる[1]。2015年、夏季棋士採用試験の対象である4 - 6月の院生研修総合1位により、入段を決めた[2]。同年9月1日、17歳で入段。

2016年、入段2年目ながら初参加の棋聖戦(第41期)でファーストトーナメントを制しCリーグに進出した。Cリーグでは3勝2敗の残留[3]。また、第3回ゆうちょ杯囲碁ユース選手権ではベスト4まで進出した[4]

2017年、第42期棋聖戦Cリーグで4勝1敗の成績を残し、Bリーグに昇格[5]

2018年、第43期棋聖戦Bリーグでは4勝3敗で残留[6]。また、第44期名人戦・第74期本因坊戦ではいずれも最終予選まで進出した[7][8]。第13回若鯉戦では決勝戦まで進出したものの、11月18日、富士田明彦六段に敗れ初タイトル獲得はならず[9]。2018年の年間成績は36勝12敗で、勝率 .7500 は同年の日本棋院棋士第3位[10]。また、4月5日から8月2日にかけては19連勝を記録しており、第52回棋道賞連勝賞を受賞した[11]

2019年、第44期新人王戦においても決勝戦に進出。孫喆七段との決勝三番勝負に臨んだものの、10月7日、0勝2敗で敗退[12]。また、第45期碁聖戦で自身初の七大タイトル本戦進出を果たしたものの、11月7日、1回戦で河野臨九段に敗退[13]。第14回若鯉戦ではベスト4[14]第44期棋聖戦ではBリーグで依田紀基九段・小林覚九段らに勝利し残留[15]

2020年 第45期棋聖戦ではBリーグに在籍[16]

人物・エピソード編集

  • 高林の内弟子になってからプロ入りを果たすまでは、テレビを見たりゲームをしたりすることもなく、自宅に帰るのもお盆と正月の数日程度という生活を送った。そうした生活についても、小池本人は「好きな囲碁がずっとできるならいいかな」と思っていたといい、父も高林を全面的に信用していたという[1]
  • 小池は高林門下であると同時に、洪清泉が主宰する洪道場の出身でもある。洪は小池について「とても温かくて面白い男」「大変な努力家です。プロ棋士になっても院生のときと同じように勉強を続けています」などと語っている[17]

棋歴編集

良績等編集

受賞歴編集

昇段履歴編集

  • 2015年9月1日 入段
  • 2017年2月1日 二段(賞金ランキング)[18]
  • 2018年1月1日 三段(賞金ランキング)[19]
  • 2019年1月1日 四段(賞金ランキング)[20]
  • 2020年1月1日 五段(賞金ランキング)[21]

脚注編集

  1. ^ a b c d LIBRA 2018年3月号”. 東京弁護士会. p. 44. 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ 平成28年度 棋士採用結果”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  3. ^ 第41期 棋聖戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  4. ^ 第3回ゆうちょ杯 囲碁ユース選手権”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ 第42期 棋聖戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  6. ^ 第43期 棋聖戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  7. ^ 第44期 名人戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  8. ^ 第74期 本因坊戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  9. ^ 第13回 広島アルミ杯・若鯉戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  10. ^ 棋士紹介第6回・小池芳弘四段”. 白石勇一の囲碁日記 (2019年2月2日). 2020年1月31日閲覧。
  11. ^ 第52回棋道賞が決定”. 日本棋院 (2019年2月6日). 2020年1月31日閲覧。
  12. ^ 第44期 新人王戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  13. ^ 第45期 碁聖戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  14. ^ 第14回 広島アルミ杯・若鯉戦”. 日本棋院. 2020年1月31日閲覧。
  15. ^ 第44期棋聖戦”. 2020年5月2日閲覧。
  16. ^ 第45期棋聖戦”. 2020年5月2日閲覧。
  17. ^ 小池芳弘四段の心の一局(1)「三三を科学する」” (日本語). 洪道場の白黒さんぽ (2019年10月17日). 2020年1月31日閲覧。
  18. ^ 2016年賞金ランキングによる昇段者”. 日本棋院 (2017年1月25日). 2020年1月31日閲覧。
  19. ^ 2017年賞金ランキング昇段者が決定”. 日本棋院 (2018年1月25日). 2020年1月31日閲覧。
  20. ^ 2018年賞金ランキング昇段が決定”. 日本棋院 (2019年1月7日). 2020年1月31日閲覧。
  21. ^ 2019年賞金ランキング昇段が決定”. 日本棋院 (2020年1月7日). 2020年1月31日閲覧。

外部リンク編集