メインメニューを開く

小池 要之助(こいけ ようのすけ、1941年(昭和16年)11月13日 - 2010年(平成22年)9月22日)は、日本映画監督脚本家ミュージックシネマズジャパン顧問。山口県下関市出身。

目次

来歴・人物編集

山口県立豊浦高等学校から、上京して舞台芸術学院に進学、1962年(昭和37年)同校本科卒業。29歳で助監督となり、34歳、テレビドラマ『それ行け!カッチン』で監督デビューしている。以降、長年にわたって、さまざまな映画やテレビドラマの監督や助監督を務めている。

探偵物語』では、第19・27話で監督を務めているほか、第19話の予告編のナレーションは、主演の松田優作が同郷出身ということで、本編の内容には一言も触れず小池の紹介に徹していた。第13話、第14話などではエキストラで出演、また第27話(最終話)の予告編でも松田・成田三樹夫山西道広とともに出演を果たした。

その縁で『ア・ホーマンス』では監督として起用されたが、松田との意見の相違から解任となった[1]

その後、テレビドラマやビデオドラマなどで監督を務めることはあっても、劇場映画の監督にあこがれながらも撮影することはついになかった。しかし、劇場映画の現場では「天才助監督」[2]といわれ、撮影になくてはならない人として多くの映画・テレビ関係者に慕われていた。 北朝鮮拉致問題をテーマにした映画を製作しようと、同郷の映画監督で同じ高校の先輩でもある須藤久と共に、数年間にわたり活動してきたが、2010年9月22日、気管がんのため死去[3]。68歳没。

監督作品編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

  • かげろう 俊のヤクザな毎日(1997年)※脚本も担当
  • 新・ワニ分署(1998年)※脚本も担当

監督以外での参加作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 蘇える金狼(1979年) - 助監督
  • 処刑遊戯(1979年) - 助監督
  • 野獣死すべし(1980年) - 助監督
  • ヨコハマBJブルース(1981年) - 監督補
  • 甦る優作「探偵物語」特別篇 聖女が街にやって来た(1998年) - 助監督
  • 甦る優作「探偵物語」特別篇 夜汽車で来たあいつ(1998年) - 助監督

脚注編集

外部リンク編集