プロハンター』は、日本テレビドラマカラーアナログ放送日本テレビ系列にて、1981年4月7日から9月22日の毎週火曜日21:00 - 21:54に全25話が放送された。 この番組を最後に火曜21時台の連続ドラマ枠は終了、10月の改編で22時台の「火曜劇場」と枠を統合して「火曜サスペンス劇場」がスタートする。

プロハンター
ジャンル テレビドラマ
企画 黒澤満
加藤教夫(日本テレビ)
脚本 作品リスト参照
監督 作品リスト参照
出演者 草刈正雄
藤竜也
柴田恭兵
名取裕子
小川真由美
水上功治
宍戸錠
小林稔侍
ほか
オープニング ロンリー・ハート(インストゥルメンタル)
1話〜9話は「メインテーマ」、10話〜最終話は「ロンリーハート(インスト)」を使用[1]
エンディング

クリエーションロンリー・ハート (Lonely Hearts)


1話〜4話は英語詞版、5話~最終話は日本語詞版を使用。
製作
プロデューサー 紫垣達郎
伊地智啓
山口剛(日本テレビ)
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年4月7日 - 9月22日
放送時間 毎週火曜日21:00 - 21:54
放送枠 日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
放送分 54分
回数 25

特記事項:
制作 : セントラル・アーツ
テンプレートを表示

内容編集

横浜・馬車道に「M&R 探偵事務所」を設立した竜崎駿介と水原淳のコンビが、難事件に挑戦するアクションドラマ。

出演編集

28歳。元新聞記者で小説家志望。通称「リュウ」「リュウさん」。劇中では背中に「UNIVERSITY OF TORONTO」と書かれた白いジャンパーを着用[2]
35歳。神奈川県警刑事を辞め、竜崎と共に「M&R探偵事務所」を設立。通称「水さん」。愛車は銀色のサバンナRX-7。劇中では、背中に「Yokohama Soul City」と書かれた黄色のジャンパーを着用。右足に小型ナイフを忍ばせており、竜崎らの拘束を解いたほか、武器としても使用している。
  • 五島達:柴田恭兵(2話、3話、6話〜8話、14話、17話、19話、20話、22話〜24話は欠場)
竜崎・水原から「カベチョロ」と呼ばれている元怪盗。ピッキングなどのスパイ術に長けており、盗みがメインの回では竜崎・水原から仕事を依頼されることが多い。初期には女性のような口調で喋っていた他、オープニングと同じくディスコで踊る場面がよく映っていた。オープンカーを所有している。
  • 三枝ユミ:名取裕子(7話、14話、17話は欠場)
M&R探偵事務所下階のフラワーショップを営む。喫茶店も兼ねており、竜崎・水原もよく利用している。
  • 橘礼子:小川真由美(特別出演、5話、7話、9話、10話~14話、18話、20話、22話、24話は欠場)
雑誌『スクープジャーナル』編集長で、竜崎・水原のパトロン。2人からは「お母さん」と呼ばれている。竜崎を「トロント」と呼ぶ唯一の人物。
通称「オサム」。ユミと共に下階のフラワーショップを切り盛りしながら、時折探偵事務所も手伝う。1話から出演している主要人物だが、4話までは氏名のみのクレジットでOPでの単独カットがなかった[3]
  • 木戸吾郎:小林稔侍(7話、18話、23話は欠場)
神奈川県警刑事(階級は不明)。菊島の部下で、以前は港南署に所属していた[4]。普段はベレー帽を着用。
  • 菊島雄三:宍戸錠(7話、18話は欠場)
神奈川県警警部で木戸の上司。木戸を港南署から招聘した[4]。劇中では「お父さん」「マックロードのおっさん」と呼ばれている。普段はテンガロンハットを着用。水原とは現職の頃から因縁がある模様。

(共に1話、6話、7話、9話、10話、13話、15話~20話、22話は欠場)

ゲスト出演者編集

No. サブタイトル ゲスト出演者
1 危険な二人 佐藤慶片桐竜次竹田寿郎橘雪子真木仁伊藤厚志河原崎次郎
2 二重誘拐 梅津栄高品正広倉富勝士飯田浩幾白貝真理子姫るり子粟津號晴乃ピーチク
3 逃亡遊戯 水原ゆう紀江角英鶴岡修明日香和泉清水宏市村博重松収佐藤了一中平哲仟田辺清輝山中直人佐藤友弘由利勝郎松山薫伊藤公子西沢正代島桂子梓葉子大前均
4 ワニを連れた女 内田良平阿波地大輔檀喧太兼松隆湯浅洋行福永喜一秋川リサ
5 サタデー・ナイト・スペシャル 藤木敬士江見俊太郎八名信夫深見博スーパー・リキ滝川昌良水木京一工藤啓子高橋美千子山本朱美森岡優子、田辺清輝、由利勝郎、佐藤友広熊本敏雄東郷秀彦ナンシー
6 俺の愛した赤い靴 森下愛子北村総一朗遠藤征慈、水原ゆう紀、谷口芳昭吉宮慎一湯川勉橋本春彦君塚潔千葉清次郎勝田武根上淳
7 悪魔のソナタ 緑魔子綿引洪土方弘吉川遊土高橋明山本庄助奥村公延桑原一人花熊亀男小林麻衣子井上昭文村地弘美
8 夜を探せ 田口久美吉岡ひとみ青山恭子前田曠人岡本隆矢車武ジョニー大倉
9 怪盗vs探偵 鹿島とも子天本英世富田浩史椎谷建治吉原正皓流健二郎岡田正典、竹田寿郎、入江正徳ローリー草薙幸二郎
10 手錠のままの追跡 亜湖益富信孝堀礼文石山雄大長島隆一櫛田純男小竹林義一鈴木秋夫、真木仁、矢車武小田島隆鹿島信哉松浦企画劇団首領小宮健吾
11 泥棒紳士 久保菜穂子寺島達夫金井美稚子団巌溝口拳、佐藤了一、広田正光、橘雪子、松山薫、金田浪子新野加代子、小田島隆、滝川龍之介東龍司戸田信太郎松坂仁司吉江芳成北原義郎
12 黒い薔薇は死の匂い 沢たまき佐藤蛾次郎林邦史朗森大河藤枝亜弥永田エミ茜ゆう子森みどり山本一人山乃興子武田知可子佐喜本杉内山清次志賀勝
13 北北西に向かって走れ 内田朝雄堀川まゆみ丹古母鬼馬二加藤大樹池田まさる長尾美雪畑中猛吉宮愼一、檀喧太、前田哲朗赤羽明速水隆トニー・マートブー(声:渡部猛)、井原啓介村川めぐみ川瀬小夜子桜井恵美子佐々木由起恵近江信行今井健二
14 殺しは別れの挨拶 岡本ひろみ浜田晃阿藤海藤方佐和子、重松収、清水宏、谷口芳昭、飯田浩幾、星景太飯島大介福原圭一柿沼大介木下浩之龍駿介、片桐竜次
15 狙われた罠 ジョー山中無双大介笠野賢治倉富晴士、櫛田純男、小田島隆、千葉清次郎、矢車武、鹿沼えり
16 悪い女 辺見マリ風間杜夫、団巌、金子正次、鶴岡修、大江徹明石勤、スーパー・リキ、夕見真由子竹下江里子金尾哲夫藤木聖子金子勝美麻ミナ山田博行、湯浅洋行、奈良光一渥美博宇野沢友美岡本理恵子、佐藤慶
17 南に消えた男 中島ゆたか友金敏雄、岡田正典、大前田武、打出新五望月太郎、佐喜本杉、浅井忠男松永守功殿山泰司
18 夕陽に赤い帆 横山エミー藤山浩二宝井宏治塩屋智章、国井正廣、小室正章伊達政春中尾恕、湯浅洋行、車邦秀、渥美博、小田島隆、真木仁、竜崎勝
19 標的は誰だ? 泉じゅん、江角英、沢田情児河西健司ボブ藤原、渥美博、小田島隆、矢車武、車邦秀、高野真二
20 ローマで起こった
不思議な出来事
田島令子鹿内孝、木島一郎、檀喧太、広田正光、側見民雄永谷悟一掘越ひろ子アドリアーノ・ベルトロッティポール・アボット川地民夫
21 殺人志願 原良子黒部進、椎谷健治、北村大造倉吉朝子斉藤豊治/佐藤了一、青木勇次、上田達也賀川修嗣海江田みどり水野恵遠藤久恵笠井みえ田中ちさと矢崎滋
22 闇からの狙撃 夏樹レナ加藤大樹八代康二中林義明竹内のぶし湯川勉忍田玲子ニッキー隅田進近藤みゆき堀田真三
23 旅芸人の唄 畑中葉子清家栄一、高橋明、片岡五郎、橘雪子、工藤啓子、西沢正代、平野真理成田裕介、水木京一、岡田正典、竹田寿郎、河野存臣、矢車武、増田昭広坂東太丸(有喜座)、橘伝次郎 (有喜座)、岩井高志郎(有喜座)、葵たかし (有喜座)、青山清(劇中劇指導)、吉行和子
24 ロンリー・ハート 大滝裕子嵯峨善兵山西道広野上正義汐路章、飯田浩幾、東山美木鈴木和夫、東邦秀、山中直人、松坂仁司、田辺清輝/垂水悟郎
25 ロング・グッドバイ 竹田かほり、遠藤征慈、久藤利三河合絃司氷室浩二、重松収、矢車武、能本敏雄、早川雄三石橋蓮司

放送リスト編集

No. 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1981年4月7日 危険な二人 峯尾基三 村川透
2 4月14日 二重誘拐 柏原寛司 長谷部安春
3 4月21日 逃亡遊戯 村川透
4 4月28日 ワニを連れた女 高田純 長谷部安春
5 5月5日 サタデー・ナイト・スペシャル 柏原寛司 小澤啓一
6 5月12日 俺の愛した赤い靴 那須真知子
7 5月19日 悪魔のソナタ 宮田雪 澤田幸弘
8 5月26日 夜を探せ 峯尾基三
9 6月2日 怪盗vs探偵 宮田雪 西村潔
10 6月9日 手錠のままの追跡 峯尾基三
11 6月16日 泥棒紳士 宮田雪 長谷部安春
12 6月23日 黒い薔薇は死の匂い 丸山昇一
13 6月30日 北北西に向かって走れ 長坂秀佳 小池要之助
14 7月7日 殺しは別れの挨拶 柏原寛司
15 7月14日 狙われた罠 峯尾基三 崔洋一
16 7月21日 悪い女 那須真知子
17 7月28日 南に消えた男 柏原寛司 西村潔
18 8月4日 夕陽に赤い帆 宮田雪
19 8月11日 標的は誰だ? 澤田幸弘
20 8月18日 ローマで起こった不思議な出来事 高階航
21 8月25日 殺人志願 大和屋竺 長谷部安春
22 9月1日 闇からの狙撃 蘇武道夫
23 9月8日 旅芸人の唄 高橋正康 飛河三義
24 9月15日 ロンリー・ハート 金子成人
25 9月22日 ロング・グッドバイ 峯尾基三 崔洋一

スタッフ編集

その他編集

当初は『大追跡』との関連から草刈の演じた竜崎駿介役は、沖雅也もしくは柴田恭兵で考えられていたが、2人とも多忙で半年間のスケジュールを空けることができず、草刈に決定した[5]1978年の『大追跡』の後日談的作品であり、水原淳のキャラクター造型は『大追跡』で同じく藤が演じた刑事「水原慎介」を継承している[6]

映像ソフト化編集

  • 2005年2月21日に全話収録のDVD-BOXが東映ビデオより発売。
  • 2014年8月8日より、毎月2巻ずつ単品DVDが再発売された。全6巻。
  • 2017年12月6日、セントラル・アーツ起動40周年を記念して「プロハンターDVD Collection」が東映ビデオより発売。

脚注編集

  1. ^ 番組のサウンドトラック盤より。
  2. ^ 放送当時の雑誌記事によると、このジャンパーは草刈の私物とのこと。設定上、竜崎がトロント大学卒業というわけではない。
  3. ^ 1話と3話は、OPにて木戸役の小林稔侍のカットで小林と共に、2話と4話はエンドロールでクレジットされており、当初はクレジット表記が統一されていなかった。
  4. ^ a b 1話での菊島の発言より。
  5. ^ NTV火曜9時 432ページ
  6. ^ NTV火曜9時 431-434ページ
日本テレビ 火曜21時台(ここまで連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
プロハンター