小泉文夫音楽賞(こいずみふみおおんがくしょう、英語: Fumio Koizumi Prize)は、民族音楽学における業績に対して、毎年、日本の東京で授与されている国際的な学術賞公益信託小泉文夫記念民族音楽基金が、例年、小泉の誕生日とされる4月4日に授与している[1]。受賞者は、賞状と賞金を受け取る。受賞者は授賞式に出席する義務があり、受賞講演をおこなうとともに、自身が選んだ日本のいずれかの大学においても別途講演をおこなう義務をもつが、実際には、授賞式への欠席、講演の代読がおこなわれた例もある。

小泉文夫音楽賞
日本の旗 日本
主催公益信託小泉文夫記念民族音楽基金
初回1989年
公式サイトwww.geidai.ac.jp/labs/koizumi/award.html

候補者と選考編集

例年秋に、その年度の受賞候補者の推薦を、世界各地の民族音楽研究機関や関連領域の有識者に依頼し、それに基づいて選考委員会が受賞者を決定する[2]

歴史編集

小泉文夫記念民族音楽基金は、小泉文夫1927年-1983年)教授の未亡人であった小泉三枝子(加古三枝子)が、1989年10月11日に、亡き夫の民族音楽学に捧げた生涯を記念し、この分野において重要な貢献をした個人や団体を顕彰するために設立したものである。第1回の小泉文夫音楽賞は、同年にイギリスの民族音楽学者ジョン・ブラッキング英語版東京芸術大学民族音楽ゼミナールに授与された。2020年までに、41個人と4団体がこの賞を受賞している[3]。受賞者とその受賞理由の一覧は、賞の公式サイトに公開されている[3][4]2009年以降の受賞講演のテキストも、ウェブサイトで公開されている[3]

受賞者一覧編集

各年度の授賞式は、翌年春におこなわれる[3]

1989年度

1990年度

1991年度

1992年度

1993年度

1994年度

1995年度

1996年度

1997年度

1998年度

1999年度

2000年度

2001年度

2002年度

2003年度

2004年度

2005年度

2006年度

2007年度

2008年度

2009年度

2010年度

2011年度

2012年度

2013年度

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度:授賞式は、新型コロナ感染防止のために開催未定の延期となった。

脚注編集

  1. ^ List of publications of Koizumi Fumio
  2. ^ 小泉文夫記念資料室”. 東京藝術大学. 2020年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c d 小泉文夫音楽賞”. 東京藝術大学小泉文夫記念資料館. 2020年12月11日閲覧。
  4. ^ List of winners of Fumio Koizumi Prize”. 2010年12月28日閲覧。

外部リンク編集