小泉明 (経済学者)

小泉 明(こいずみ あきら、1913年2月10日 - 1977年2月8日)は、日本の経済学者。ケインズ経済学を専攻、国際金融論。第7代一橋大学学長。経済学博士

目次

来歴編集

神奈川県横浜市出身。1938年東京商科大学(現一橋大学)を卒業。山口茂ゼミ出身[1]。大学卒業後第一生命保険に入社するが、1940年に同社を退職し東京商科大学助手に就任。同助教授を経て、戦後一橋大学商学部助教授、58年教授に昇格。62年「管理通貨の研究」で経済学博士。66年商学部長併任、71年一橋大学附属図書館長併任。1975年学長。学長在任中に肺不全のため聖マリアンナ医科大学病院で死去。正三位勲二等旭日重光章[2]

指導学生に吉野昌甫(一橋大学名誉教授)[1]村本孜成城大学名誉教授)[3]稲垣寛(元東京都立大学教授)[4]など。

著書編集

  • ケインズ「一般理論」 春秋社 1948 (春秋社経済学選書)

共編著編集

翻訳編集

  • マクロ経済学入門 S.ブルーマン 赤松弘之共訳 勁草書房 1967

脚注編集

参考編集

  • 日本人名大辞典