メインメニューを開く

坪井 東(つぼい はじめ、1915年5月1日1996年7月5日[1])は日本の実業家三井不動産の社長や会長を22年間務め、ツーバイフォー工法の導入や東京ディズニーランド開園事業に携わったほか、不動産協会理事長等の公職も務めた。

人物編集

旧制東京府立第三中學校(のちの都立両国高等学校)を経て、1938年に旧制東京商科大学(のちの一橋大学)を卒業。三洋証券社長の土屋陽三郎新日本証券社長の鷹尾寛東京銀行頭取の横山宗一鹿島建設副会長の原明太郎マツダ会長の岩沢正二丸井今井社長の今井道雄日東製網社長の小林政夫一橋大学学長の小泉明らとともに大学の同期会を結成。大学卒業後三井合名に入社。その後財閥解体に伴い、1949年から三井不動産勤務[2]

1974年三井不動産社長に就任、1987年同社会長就任、1996年同社取締役相談役就任。不動産流通事業を立ち上げたほか、臨海工業地帯の埋め立て、超高層ビル建設などの事業をすすめた。またツーバイフォー工法を導入し、日本初のツーバイフォーの住宅会社・三井ホームを設立した。また、東京ディズニーランドの開園事業にも携わっている(しかし実際は、坪井自身は消極的であり、妨害的な工作も行っていたほどであった)[3][4]

論客として知られ、1990年4月から不動産協会理事長を務めた。不動産不況からの脱却を目指し、不動産流動化などについて、政治家官僚との交渉の矢面にたった[5]。ほかに日本ツーバイフォー建築協会初代会長等も務めた[6]

大学の同窓の森泰吉郎森ビル創業者)にビル事業を教えた[7]

もともと冠動脈が弱く、健康のため水泳をしていたが、都内のホテルのプールで泳いでいたときに身体の不調を訴え、1996年7月5日東京都渋谷区の病院で死去、享年81。葬儀は港区芝公園増上寺で行われ、宮沢喜一(元首相)、平岩外四(元経団連会長)、八尋俊邦(元三井物産社長)ら3500人あまりが参列した[8]

1998年には社団法人日本ツーバイフォー建築協会により「坪井賞」が創設された[9]

略歴編集

脚注編集

  1. ^ a b “坪井東三井不動産前会長死去”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 1. (1996年7月7日) 
  2. ^ 1988/05/13, 日本経済新聞
  3. ^ 1996/07/06, 日本経済新聞、1996/08/09, 日経産業新聞
  4. ^ 浦安と海(「市川よみうり」連載)
  5. ^ 1996/07/07, 日本経済新聞 
  6. ^ 1998/01/13, 日経産業新聞
  7. ^ 1996/07/12, 日本経済新
  8. ^ 1996/08/09, 日経産業新聞
  9. ^ 1998/01/13, 日経産業新聞
先代:
江戸英雄
三井不動産社長
1974年 - 1987年
次代:
田中順一郎
先代:
江戸英雄
不動産協会理事長
1990年 - 1996年
次代:
田中順一郎