小田由香

日本のアイスホッケー選手

小田 由香(おだ ゆか、 1973年3月15日 - )は、日本のアイスホッケー選手。ポジションはゴールテンダー北海道出身。

獲得メダル
日本の旗 日本
女子アイスホッケー
アジア冬季競技大会
1996 ハルビン 女子団体
1999 韓国 女子団体

来歴編集

室蘭市出身。駒澤短期大学卒業。岩倉ペリグリンを引退した後、トヨタシグナスに加入した[1]

アイスホッケー女子日本代表として、1996年アジア冬季競技大会で銀メダル、1998年の長野オリンピックに出場した[2]。1999年アジア冬季競技大会では銀メダルを獲得した。長野五輪には同じ短大出身の佐藤理絵尾野聡美も選出された。

2003年2月の第22回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)ではベスト6に選ばれた[3]。同年ラトビアで行われた女子アイスホッケー世界選手権ディビジョンIでは日本の守護神として5戦全勝に貢献した[1]

2004年の女子アイスホッケー世界選手権の代表にも選ばれた[4]。またトリノオリンピック最終予選日本代表にも選ばれた[5]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 五輪選手のそれから”. 苫小牧民報 (2005年3月12日). 2012年6月2日閲覧。
  2. ^ 長野オリンピック出場日本選手”. 日本オリンピック委員会. 2012年6月2日閲覧。
  3. ^ 第22回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)”. 2012年6月2日閲覧。
  4. ^ 女子日本代表メンバー決定!”. 日本アイスホッケー連盟 (2004年3月30日). 2012年6月2日閲覧。
  5. ^ アイスホッケー女子日本代表に苫小牧関係選手10人”. 苫小牧民報 (2004年10月). 2012年6月2日閲覧。