小町昭

北海道釧路市出身の作曲家・編曲家

小町 昭(こまちあきら、1931年9月18日 - 2017年1月25日)は、北海道釧路市出身[1]作曲家編曲家

北海道釧路湖陵高等学校を経て、明治大学ではマンドリン倶楽部に入部。アコーディオンの演奏は当時、六大学一の腕前と言われた[2]。卒業後はキングレコード専属の作家として活躍し、主に歌謡曲の編曲を手掛け、川上英一とともに三橋美智也のヒット曲を数多く担当した。その傍らでNHK紅白歌合戦演歌の花道にっぽんの歌のオーケストラ、母校・明大マンドリン倶楽部の指揮者も務めた。

主な作品編集

編曲編集

作曲編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 釧路新聞 2011年9月19日付
  2. ^ [1]