小笠原猛

おがさわら たけし
小笠原 猛
本名 小笠原 猛
生年月日 (1941-08-18) 1941年8月18日
没年月日 (2011-12-26) 2011年12月26日(満70歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 映画監督演出家
役者養成スクール講師
ジャンル 特撮テレビドラマ
活動期間 1964年 - 2011年
主な作品
宇宙刑事ギャバン
恐竜戦隊ジュウレンジャー

小笠原 猛(おがさわら たけし、1941年8月18日 - 2011年12月26日)は、主に特撮テレビドラマ作品の元映画監督演出家東京都出身で、晩年は練馬区に在住した。

目次

経歴編集

父親は東映のプロデューサーの小笠原久豊。その関係からか映画監督を志し、日本大学藝術学部入学。しかし、1960年に中退し、NET(現・テレビ朝日)に契約社員として入社。その後1964年に東映テレビ・プロダクションに移籍。以後『ザ・ボディガード』、『特別機動捜査隊』、『特捜最前線』、『鉄道公安官』などの一般ドラマや『快傑ズバット』、『忍者キャプター』などのキャラクターものの東映テレビプロ制作の作品で助監督を務める。特に村山三男、田中秀夫奥中惇夫らに師事していた。

1981年『それゆけ!レッドビッキーズ』46話で監督デビュー。その後、1982年から始まる『宇宙刑事ギャバン』をはじめとするメタルヒーローシリーズで監督として頭角を現す。1984年の『星雲仮面マシンマン』では初のパイロット&メイン監督を務め上げた。以降、東映・吉川進プロデューサー制作番組にはほぼ全てに携わる番頭的存在となり、独特な演出で活躍。1992年よりスーパー戦隊シリーズに移動。『恐竜戦隊ジュウレンジャー』以降の戦隊シリーズ4作品で計50本を担当。そして『超力戦隊オーレンジャー』を最後に東映テレビプロとの契約を解除され、同社を退社。これに関しては彼の後盾だった吉川進プロデューサーの定年退職の影響や、同テレビプロがスタッフの刷新や若返りを図ったためのリストラ政策の一環ともいわれている。『オーレンジャー』第46話「地球最期の日!!」が最後の演出作品となった。

映像の世界から引退し、晩年は役者養成スクールに講師として参加したり、『東映ヒーローMAX』のインタビューに答えていた。また鈴木美潮の主催するイベントには度々ゲストとして登場し、2011年7月には遂には「小笠原祭」というイベントまで開催された。これは小笠原の生誕70周年を記念したもので、当日は羽村英宍戸勝などがゲストに駆けつけている。小笠原も鈴木のことを気に入っていたらしく、「(鈴木)美潮さんが家に遊びに来るなら女房を旅に出すよ」などと発言していた。

2011年12月26日、急性心不全で死去[1]。70歳没。

エピソード編集

以下のエピソードは特記事項がない項目以外は『東映ヒーローMAX』の小笠原インタビューが全出典となっている。

  • 助監督時代は地方ロケで出てくる食事に不満がある場合など、制作担当やプロデューサーに「食事を改善してもらわないと明日からの仕事はしません」などと言ってよく噛み付いていたそうである。監督になってからはこの種の文句は言わなくなったと語っている。
  • 小笠原について、役者からは「おっかない」「怖い」「口が悪い」との声が多く聞かれる。渡洋史は「怖いおじさんで、現場ではしょっちゅう怒られていた。たまに飲みに行くと優しくなるんだけど」、河合亜美は「口の悪いことで有名なカントク」、羽村英からは「キレやすい性格で、愛情表現が裏に出る人」とインタビューや自身のホームページで冗談交じりに評されている。また小笠原本人も自身の口が悪いことを認めており、役者から文句があると、「うるせえ!」と言ってよく怒鳴り返していたという。
  • 巨獣特捜ジャスピオン』に出演していた山下大輔がブログで述懐したところによると「小笠原監督は気の短い方で、撮影現場では何度もその怒鳴り声が響いていた」という。山下は当時子役で現場遅刻の常習犯であったが、監督が怒鳴ると、負けじと言い返していたそうで「おまえ、口から先に生まれたガキだな」とよく言われたという。
  • また役者を高い場所に立たせることでも有名で、栗原敏は「こんな高い場所に立たせないで下さいよ!」と抗議したが、小笠原は「ここに立たせたいからお前をロケに連れてきたんだ!!」と逆に激怒したという。河合亜美には6階建てのビルの屋上の柵もない場所に立つよう命令、怯えながら縁に立ちシーンを撮り終えた河合に対して、「あそこにお前を立たせてな、あんなことさせるの、俺くらいだろ?」と嬉しそうに言い放ったという。
  • 役者やスタッフを自宅に招いて食事や酒をご馳走したりするなど(穂高あゆみさとう珠緒河合亜美大葉健二小山力也天祭揚子、金田憲明の証言)、気前が良い一面もあった。特に羽村英は小笠原を「親父」と呼ぶほど相当慕っており、「こんな自分をよく可愛がってもらった。本当は誰よりも優しい人だと知っている」と語り、小笠原も羽村を可愛がり「俺はこいつ(羽村)の飲み代に1年間で100万円使った」とイベントで発言していた。『五星戦隊ダイレンジャー』に出演していた西凛太朗も小笠原によく飲みに連れて行ってもらったという。そもそも役のオーディションの際、小笠原に「酒は飲めるか?」と聞かれ、「飲めます」と答えたところ、「じゃあお前で良いや」と言われシャダム役に合格したといわれる。
  • 金田憲明がミクシイの日記に記していたところによると、小笠原は当時テレビで流れていたチャーミーグリーン(台所用洗剤)のコマーシャルに対して、「俺はあのコマーシャルが大嫌いなんだよ!」と言っていたという。金田曰く、小笠原は亭主関白気味の性格であったという。
  • 藤山律子が『科学戦隊ダイナマン』にレギュラー出演していたとき、同時期に制作されていた『宇宙刑事シャリバン』の現場をよく見に行っていたという。その際、昔レギュラー出演していた『特別機動捜査隊』で助監督として細かく動いていた小笠原が偉そうに椅子にふんぞり返っていたのを見てびっくりしたと冗談交じりにインタビューに答えている。
  • 母親同士が友人であったため、尾崎紀世彦とは昔から海水浴に行くなど友人関係にあった。小笠原曰く「母親のお腹の中にいた頃から母親同士が友達だった」とのこと。『シャリバン』では尾崎が挿入歌を唄う話を一旦は断ったが、改めて小笠原が依頼すると「なんだ、タケちゃんの番組か」と言ってOKしたという。また尾崎が同番組にゲスト出演した回は小笠原が担当し、現場では尾崎を「キヨ! キヨ!」と呼んでいた。
  • 初のメイン監督作品だった『星雲仮面マシンマン』は小笠原自身愛着を持ち番組終了まで撮り続けたいと希望していたが、先に番組を降板していた吉川進プロデューサーより『宇宙刑事シャイダー』に来るよう言われ終盤にて降板した。またこの時吉川は当時『シャイダー』では主役のシャイダーよりアニーが目立っているからもっと主役を立たせてほしいと要望されたという。結果的に小笠原の担当したエピソードは沢村大メインの話が他の監督作品よりも多くある。また円谷については「彼は現場でも頑張ってましたよ。だからこそ若くして亡くなった時は本当に悔しかったですね」とコメントしていた。
  • 森永奈緒美が初めてヌード写真集を出版したとき小笠原のもとにも送られてきたそうで「あれにはびっくりした」という。
  • 小笠原は吉川より「この予算とスケジュールでやってくれ」といつも言われて作品を撮っていたそうで、他の監督に比べれば多分に「便利屋」的な扱いの監督であったと自己分析している。例えば『仮面ライダーBLACK』で小林義明辻理などのパイロット組が時間をかけて撮影したためスケジュールがキツくなっているときに呼ばれた際は「8日間で2本撮れ」と吉川に言われたという(通常2本話撮影するのに当時で10日前後かかっていた)。その際小笠原は「それなりの作品しか出来上がりませんけど、よろしいですか」と吉川に言って、了承を得ていたという。ただ例外として、『宇宙刑事シャリバン』の第34話(レイダー登場編)のシナリオを読んだとき「これは勝負しないといけない」と思ったらしく、1分くらいの合成シーンに100万円近くをかけてしまい上層部を慌てさせたこともあるという。
  • 吉川とは長い間仕事を共にし、衝突することもあったが総じて良い関係を築けていたという。しかし『超人機メタルダー』のパイロット組の撮影の際は吉川のイメージ通りの画を撮れなかったとのことで、叱責を受けたという。第5,6話の監督が折田至との連名になったり、直後の監督ローテーションを回避されたのにはその制裁的な意味合いがあったと告白している。監督キャリアが15年に及んだ小笠原がもっとも苦労した作品が『メタルダー』であったという。
  • 東映の白倉伸一郎が『五星戦隊ダイレンジャー』について『東映ヒーローMAX』インタビューにて第47話で空をバックに登場人物たちの映像シーンが流れるシーンに言及し、「試写でひっくり返ったんですよ、『ありえねぇ!』って。脚本には書かれてないのにね、死んでる人間と生きてる人間が全員纏めて映像で流れるんですよ。『死んでねぇよ!』って」と小笠原の演出を痛烈に批判している。結果的には『ダイレンジャー』を最後に両者は仕事を共にしなかったが、小笠原の通夜の際は白倉は東映東京撮影所所長として参列している。
  • 痛烈に印象に残った撮影は『仮面ライダーBLACK』劇場版の「恐怖!悪魔峠の怪人館」であったという。当時の夕張市長だった中田鉄治氏の指揮の下、撮影のために国道を閉鎖したり、撮影中市内の人の外出を完全に寸断するなど普段では到底行えない撮影が可能になったという。また撮影時は小笠原やアクション監督の金田治、カメラの松村文雄といった主要スタッフが警察の護衛つきでロケを行うなどの便宜も図ってもらったと語っている。
  • 仮面ライダーBLACK RX』では主人公・南光太郎の性格が前作『BLACK』に比べて明るく快活になったが、初めて小笠原が撮影に参加した際、演者の倉田てつをに「今の明るいままのライダーじゃダメだ」と語ったという(雑誌の倉田インタビューより)。
  • 印象に残る、好きな脚本家という質問には上原正三高久進曽田博久の名を挙げている。特に上原のことを「突拍子もないアイデアを出してくるけど、それをちゃんと成立させる大人のホンヤ(ライター)」と評した。
  • メタルヒーローシリーズの監督本数は歴代3位の116本である。第1作『宇宙刑事ギャバン』から第10作『特救指令ソルブレイン』まで第7作『世界忍者戦ジライヤ』を除いて監督をした。

急逝編集

  • 2011年12月26日、急性心不全で死去。夫人によると、死去の前日も忘年会で楽しく酒を飲んで自宅に帰ってきて翌朝に亡くなったという。
  • 訃報においては演出家の田崎竜太加門幾生、俳優の羽村英和興渡洋史佐藤健太千葉麗子河合亜美柴原孝典中山幸一合田雅吏、山下大輔、増田康好や鈴木美潮、切通理作丸田祥三らがブログやツイッターにて追悼文を記している。葬儀には東條昭平松村文雄、白倉伸一郎、横山一敏森みつえ、田崎、羽村、河合、合田などが参列。他にも松村によると『宇宙刑事シャイダー』に出演していたギャル軍団役の女優も多数参列していたという。また仕事の都合で葬儀に参加できなかった福沢博文神尾直子夫妻は別の日に小笠原宅を弔問したとのこと。
  • 映画評論家の白石雅彦は映画秘宝4月号に追悼記事を掲載。小笠原とは1984年に初めて会ったそうで、そのときの小笠原は「ハンチングをかぶりサングラス、革ジャンでブーツ。2枚目じゃないけどオシャレな印象で明らかに他のスタッフとは違う雰囲気を醸し出していた」そうで、撮影終了後喫茶店で御馳走になったことを述懐した。また小笠原と仕事を共にしたスタッフの「確かに主役クラスにはバンバン怒った、『いったい他の組でどういう勉強してきたんだ、ちょっと裏で練習してこい!』って。でもスタッフには何も言わなかった。監督の言うことに筋が通ってたし誰もが内心思っていたことだから、誰かが言わないとね。確かに口は悪いし怒鳴るわけだけど嫌悪感を抱く怒り方でもなかった」といったコメントも紹介している。
  • 元東映プロデューサーの阿部征司は小笠原とはのんべえ仲間であったと述懐し、「いつも猛、猛と呼んでいた」との追悼コメントを出した。
  • 元スーツアクターの金田憲明は小笠原について「お酒の席(飲み会)が御好きで、ちょっぴり助平で、現場での厳しい姿勢には時として誤解を招きがちで、監督の事を悪く言う人も多かったのも事実ですが、基本的にはオシャレでやさしい性格の方だったと思います」とミクシイの日記で悼み、一番の思い出として、東映大泉撮影所の近くの喫茶店で5~6人でお茶を飲んでいると、どこからともなく小笠原も現れ、近くのテーブルに腰掛けてコーヒーか何かを飲み気が付くと小笠原はいなくなっていたが、そろそろ解散して自分たちも帰ろうかと会計をしようとすると「みなさんの分はいただいております」と店員に言われたという。つまり、小笠原が金田たちの分を支払って黙ってこっそりその場を立ち去っていたそうで、こういうことは複数回あったという。
  • 合田雅吏はブログで「芸能界に入ったばかりで、右も左も分からない新人に、優しく、そして厳しく指導してくれました。演技に悩んでいる時は監督の自宅で飲みながら相談にのってもらいました。いつもハンチングにサングラスと下駄。最初はとても怖かった。でも、サングラスの奥から見つめる優しい目が好きでした」と偲んだ。
  • 山下大輔はブログにて「あの怒鳴り声に、僕も大分燃えた」と記し、「小笠原監督との仕事は楽しかったです。張り合いがあって。良い仕事さえすれば、文句は言わん。そんな雰囲気。僕が子供だったせいかもしれませんが、あの人の怒号、僕は好きでした。またあの怒号を聞きながら、仕事したかった。小笠原監督、張り合いがあって、楽しい現場を、どうもありがとうございました。ご冥福をお祈り致します」と悼んだ。
  • 河合亜美は自身のホームページで、「強烈な個性。でも、男気のある優しさで沢山のスタッフ、俳優さんに慕われていました。口が悪いから、敵も多かっただろうけど、告別式に集まった人たちはみんなカントクが大好きでした」と記し、告別式の際は『特救指令ソルブレイン』に出演していた森みつえと二人で焼香をしたという。これは「いつもセットで可愛がってもらったからきっと二人一緒だと喜ぶ」と森が河合に提案したという。
  • 仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』『忍者戦隊カクレンジャー』で小笠原に助監督として師事した田崎竜太は自身のツイッターで「小笠原監督とは、もっとお酒を酌み交わしたかったです。もっともっと厳しいご指導を受けたかったです。お別れが辛く、痛いです」と追悼した。

作品(監督)編集

テレビドラマ編集

★は吉川進、○は阿部征司、△は堀長文、▲は鈴木武幸、■は折田至プロデュース作品

オリジナルビデオ編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小笠原猛氏=テレビ演出家 読売新聞 2011年12月28日閲覧。

関連人物編集