小笠原総合事務所

国土交通省の特別の機関

小笠原総合事務所(おがさわらそうごうじむしょ、英語:Ogasawara General Office, 略称:OGO)は、小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律昭和43年法律第83号)第26条の規定に基づいて小笠原諸島における日本行政事務を統括する国土交通省特別の機関である。同条第1項では「当分の間、小笠原諸島に係る国の行政機関の権限に属する事務を処理するため、現地の総合行政機関として国土交通省に小笠原総合事務所を置く。」としている。事務所庁舎は父島に設置されている。

日本の旗 日本行政機関
小笠原総合事務所
おがさわらそうごうじむしょ
Ogasawara General Office
Go-shichi no kiri crest.svg
事務所庁舎
事務所庁舎
組織
上部組織 国土交通省
概要
所在地 100-2101
東京都小笠原村父島字東町152
設置 1968年昭和43年)6月26日
ウェブサイト
小笠原総合事務所
テンプレートを表示

当事務所は国土交通省の管轄下であるが、小笠原諸島の復帰に伴う村の設置及び現地における行政機関の設置等に関する政令(昭和43年政令第212号)第9条並びに関係政令、告示に基づき、国の総合行政機関として以下の業務も取り扱っている[1]

また、二見港における税関業務を行うため東京税関職員が3か月ごとに長期出張の形で当事務所に常駐している。

歴史編集

  • 1968年(昭和43年)6月26日、小笠原諸島が日本に復帰する。自治省に小笠原総合事務所が置かれる。
  • 1974年(昭和49年)6月26日、国土庁が発足し、小笠原総合事務所は国土庁に移管する。
  • 2001年(平成13年)1月6日、国土交通省が発足し、小笠原総合事務所は国土交通省に移管する。

組織編集

  • 所長
  • 次長
    • 総務課
    • 業務課
    • 国有林課
    • 専門調査官(2名)
      • 調査官

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 紹介 小笠原総合事務所公式ウェブサイト、2021年1月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集